プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服のたたみ方

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

現在の正装の和服には、男性用・女性用ともに、紋(もん)が描かれている。逆に、紋がない和服は、正装とはいえない。紋は、家紋をもとにした模様である。和服の紋は、直径が2cmから4cmくらいの円の中に収まるくらいの大きさで描かれる。正装と普段着の両方を含めると、和服の紋の数は、0、1、3、5のいずれかのみである。このうち一番紋の数が多い、5つの紋がついている和服が、これらの中で一番正装である。5つの紋がついている和服は、「五つ紋(いつつもん)」とも呼ばれる。紋が描かれる場所は、紋の数によって決まっている。

紋が5つある「五つ紋」

紋が3つある「三つ紋」

紋が1つある「一つ紋」


和裁(和服裁縫)
和裁とは、和服裁縫の略語であり、和服を制作することやその技術のことである。「和服の仕立て」ともいう。


和服の畳み方
ある決まった手順による和服の畳み方が標準的な方法として広く使われている。その標準的な方法以外はほとんど使われない。 「本だたみ」と言われる畳み方が一般的に普及しており、着付け方を紹介した本などにも多く取り上げられている。しかし、この畳み方を「本だたみ」とするには異論を唱える専門家がいることも事実である。 仮仕立てと呼ばれる仮縫いの状態を畳む畳み方(肩だたみなどと呼ばれる)は洋服を畳む時に似ていると言え、本だたみのような技術は要しない。(なお、この畳み方を本だたみであるとする専門家もいる) また、襦袢や羽織などは本だたみにしない。


posted by ミスター★ヒコボシ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。