プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/女性用の正装の和服を選ぶ基準

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

女性用の正装の和服を選ぶ基準
和服を着ることがすでに非日常と化している現在では、着る場面によって女性用の正装の和服を選ぶマナーとしての基準は、今後変わる可能性がある。着る場面によって和服を選ぶ基準のことを、俗に「和服のTPO」という場合がある。結婚式の披露宴で新婦が和服を着る場合は、たいてい振袖を着る。しかし、50歳代以上の新婦でも結婚式の披露宴で振袖を着ていいのかどうかは、意見が分かれる。振袖が適しているのは、未婚の若い女性に限られるという意見があるが、年齢は関係ないという反対意見もある。結婚式で新婦以外の女性が和服を着用する場合においては、新郎・新婦の母親は紋付の黒留袖を着ることが望ましいとされる。新婦以外の女性の既婚者の参加者が新婦と友達であった場合、和服を着用する場合は色留袖か訪問着が望ましいとされることが多い。しかし、場面によってどんな和服が適しているかの判断は、実際には難しい場合もある。母が離婚しても子の結婚式に出席するときの母の正装は黒留袖でよいとする意見があるが、反対意見があるかもしれない。新郎・新婦の既婚の姉妹は色留袖・黒留袖のどちらが望ましいのかという点は、意見が分かれるようである。


女性用の普段着の和服
女性用の普段着の和服には小紋・色無地・浴衣などが含まれる。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。