プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服・着物・呉服の意味

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

和服(わふく)とは、日本在来の衣服のこと。狭義の着物と同義。近年では日本における民族服ともされる。

和服・着物・呉服の意味
洋服が日本で普及する以前は、日本人は衣服のことを着物(きもの)と呼んでいて、着物という言葉に日本文化と西洋文化を区別する意味はなかった。しかし明治時代以降、洋服を着る人が日本で増え始めたため、洋服と区別するために日本在来の衣服を和服と呼ぶようになっていった。現在一般的には、「着物」には2つの意味があり、1つめの意味は、和服である。「着物」と「和服」と「呉服」が同義語として使われることが多い。2つめの意味は、衣服である。裸の子どもに「着物を着なさい」というときの「着物」は衣服の意味だと解釈する人がいるが、そうではなく和服の意味だと解釈する人もいる。「着物を着なさい」の「着物」が衣服と和服のどちらを指すのかは、世代・方言によって違う可能性がある。

「着物」を漢字一つ一つに分解して、「着」は「着る」という意味で、「物」は「物」だから、「着物」には「着る物」という意味だけがあり、それ以外の意味はない、という意見があるが、これには反対意見がある。日本語では、熟語をさらに分解して文法上の構造にするようなことはしない。「着物」を漢字一つ一つに分解して、「着」が動詞で「物」が目的語だ、とはいわない。「着物」は熟語であるから、2つの漢字がセットとして扱われる。

呉服の語源は、中国大陸が三国時代のときに呉の織物や着物の縫製方法が日本に伝わったことにあるとされる。元々は絹製品を呉服、綿製品は太物(ふともの)と称し、昔は扱う店も別であった。

日本で和服という言葉が生まれる明治時代よりもずっと前の16世紀の時点で、日本人が日本の衣服のことを着物(Kimono)と呼んでいることをヨーロッパの人はすでに知っていた。現在も引き続き、英語・ドイツ語では日本で和服と呼んでいる物を Kimono と呼んでいる。Kimonoは、日本の和服だけではなく、東アジア圏全般で見られる前合わせ式の服全般を指すこともある。英語としてのKimonoの発音はカタカナで表すと「キモノ」よりは「カモノ」「カイモノ」に近い。

現在の一般的な日本語では、服飾とは、衣類と装身具を指す総称である。服飾は、和服にも洋服にも用いられる言葉である。


posted by ミスター★ヒコボシ at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134852298

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。