プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/ブレザーの起源

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

ブレザー(英Blazer)とは、背広にネクタイタイプの制服を指す。金属製のボタンが用いられること、胸のポケットに揃いのエンブレムが施されること、耐久性のある生地で作られていることが特徴である。

学校、航空会社、ヨットクラブ、セキュリティ会社、スポーツ大会に出場する選手団などの制服、ユニフォームとして用いられることが多い。何れも目的はスタイルによる視覚的な統一性の向上にある。  日本で初めて向上高校がブレザースタイルの制服を導入し、当時新聞等でも取り上げられるほど有名になった。

近年になって、この統一されたスタイルと言う枠組みから逸脱して、アイビーファッションなどにおいてカジュアルな服装としても用いられるようになってきた。

ブレザーの起源
ブレザーの起源は以下の2つが知られている。


軍艦ブレザー号
1837年に、英海軍の軍艦ブレザー号(HMS Blazer)が当時の女王ヴィクトリアの観閲を受ける際に、ブレザー号の乗組員全員がネイビーブルー(群青)のダブルのスーツで揃えて観閲に臨み、これを見た他の艦でも制服として採用し始めた。こちらがダブルのブレザーの起源である。


燃えるような真紅
一方1877年頃、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の対抗レガッタにおいて、ケンブリッジ大学のボート部がユニフォームとして燃えるような(Blazer)真紅のユニフォームとして採用したのが、シングルのブレザーの起源とされている。



posted by ミスター★ヒコボシ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。