プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/背広/細部

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

細部

下襟(ラペル)と上襟(カラー)からできている。ノッチドラペル(菱形襟)・ピークドラペル(剣襟)・ショールカラー(へちま襟)・マオカラー(立ち襟)等がある。シングルはノッチドラペル、ダブルはピークドラペルが本来の形状だが、現在はどちらも関係なく使用される。
フラワーホール
左襟のみ又は両襟に第一ボタンの名残の穴がある。これがフラワーホールであり、勲章の略綬や各種記章、花などを挿す。ノッチドラペルは左襟のみ、ピークドラペルは両襟にあることが多い。
ボタン
材質はプラスチックや金属、貝殻、動物の角、植物(椰子など硬質なもの)など様々。前打合せのボタンの数はシングルが1〜4個、ダブルが2~6個。ダブルは4つボタン1つ掛け、6つボタン1つ掛け、4つボタン2つ掛け、6つボタン2つ掛け、6つボタン3つ掛け、2つボタン1つ掛けに分かれる。シングル、ダブル共に2つ掛け以上の場合は最下部のボタンを外すのが正式。しかしバランスの問題からか、ダブル6つボタン2つ掛けの場合のみ全てのボタンを留めるのが現在の主流となっている。
腰部(ウエスト、waist)の絞り
ダーツ(dart)によって腰部を絞る。
裾丈
前も後ろも腰丈まで。そもそも、前後裾とも長いフロックコートの前裾が簡略化されてモーニングコートとなり、モーニングコートの後裾が簡略化されて背広型となった。モーニングコートの名残で、シングルの背広の場合、前裾が丸く切られているものが多い。
ベント(vent)
馬乗り用の後裾の切込み。ないのがノーベント、中央に一本がセンターベント、両脇にあるのがサイドベンツ、また鍵状となっているフックベントもある。シングルには全て使われるが、通常ダブルにはセンターベントは使われない。現在は全体的にサイドベンツが主流となりつつあるが、細身のスーツにおいてはセンターベントが主流である。なお、「ベント」(vent)は単数形なので、切れ目が複数の場合は「ベンツ」(vents)となる。
袖ボタン
袖口に付いているボタンで、数は1〜4個。シングル2つボタンであれば3個、ダブル6つボタンであれば4個と、ジャケットのボタン数(ダブルは全ボタン数の半分)より1つ多い個数を付けるのが通常。例外としてシングル4つボタンの場合、袖ボタンが5個では数が多くバランスが悪くなるため、袖ボタンの数は4個が普通である。また、シングル1つボタンやダブル2つボタンの場合も、バランスの問題からか袖ボタンは4個であることが多い。
本切羽
袖のボタンが開閉できるようになっている仕様。医者が手術の際、腕まくりをし易く工夫したのが始まり。
材質
表地は羊毛(ウール)が多い。それ以外に化学繊維(ポリエステルなど)等が混紡されたものや、麻(夏物に多い)、木綿、絹(シルク)のものもある。
ズボン(英語trousers、米語pants)
ベルト(belt)又はズボン吊り(英語braces、米語suspenders)を使用する。スリーピース・スーツの場合はズボン吊りを使用するのが正式。
ノーフォーク仕様



posted by ミスター★ヒコボシ at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。