プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/背広/沿革

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

イギリスでラウンジ・スーツ(Lounge Suit)、アメリカでサック・スーツ(Sack Suit)と呼ばれ、19世紀に登場したもので、当初はレジャー用だった。しかし19世紀の末から20世紀の初頭にかけてアメリカのビジネスマンがビジネスウェアとして着用し始め、その後世界的に普及した。

元々スーツの元祖である正統派スーツはスリーピース・スーツであり、英国で生まれたスーツは貴族紳士の嗜みとされていた。アメリカ人も入植初期の頃はイギリス様式そのままのスリーピーススーツを着用し、シングルなど存在しなかった。シングルやダブルは正統派スーツを簡略化したもので着用様式も簡略化したものである。

日本では幕末末期〜明治時代以降着られるようになる。その頃のスーツはイギリス製、アメリカ製、フランス製が主流だったが、当時はスリーピーススーツしかなかったので当時の日本人が着たスーツはいずれもスリーピース・スーツであった。但し、着用したのは専ら政治に関連する者(学者や国政に関与する政治家や政府役人)で、大半の日本人は和装が主流だった。

今現在でもこの風潮が残っており、市民階級のビジネスマンはシングルでも良いが、国家に近い公務員や特に国家公務員や学者はスリーピーススーツを好んで着用する風潮がある。

制服(軍服)としては、長らく立襟型のジャケットが用いられてきたが、市民服としての背広の一般化に伴い、制服として背広型が採用されることも多くなってきた(詳細については軍服・学生服の項も参照)。

第二次世界大戦以降は、2つボタンが主流であったが、1990年代頃より3つボタンも再度普及する。

日本ではバブル期にダブルが流行した。現在は若い世代を中心にシングル3つボタンが主流。中年以上の世代ではシングル2つボタン、ダブルもしばしば見受けられる。ダブルには身体を大きく見せる効果があるため、現在でも教師や警察官、官僚など、他人より優位に立つべき職種に就く人々に好まれる傾向にある。また、暴力団関係者などは威圧感を高める為にダブルを着用することが多い。1990年代中頃からはマオカラースーツを着用する暴力団関係者も増えている。


今上天皇のダブルの背広なお、歴代天皇の背広姿には特徴がある。昭和天皇は1921年(大正10年)の洋行以降、平常時は背広を着用するようになった。昭和天皇の背広は、三つ揃いで、上衣はシングルのものが主流であった。これは昭和天皇が親王時代の、教養ある紳士の代表的な背広姿である。後に三つ揃いがすたれるようになってきても、昭和天皇はこの服装を守り続けた。今上天皇は、ダブルの上衣を愛用している(タキシードもダブルで剣襟のものを愛用する)。徳仁親王は、ウェストコートなしのシングルの背広を主に着用するが、ブレザー姿も比較的見られる。これらの服装の変遷は、その人の育った時代の服装の影響を受けている点で注目に値する。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。