プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/ファッションモデル/種類/概要

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

ファッションモデル(fashion model)とはファッション雑誌や広告(宝石やファッションブランドなど)、アパレルカタログの被写体になったり、ファッションショーで衣服を着せられステージに立つモデルである。

種類
ファッションモデルには、大きく分けて以下の三種類がある。
ハイファッション:ファッションショーの出演や、ファッション雑誌のメインページ、有名ブランドの広告キャンペーンなど。
コマーシャル:アパレル会社のカタログやパンフレット、広告、ウェブサイトなど。
パーツ:首まわり、指先、脚など部分撮り専門のモデル。身体の一部分に飛び抜けた魅力が要求される。 俗に「手タレ」などと呼ばれる。

概要
雇用形態にはモデル事務所への所属や、ファッション雑誌の専属などがある(専属モデル(せんぞくもでる))。ファッションモデル業界は世代交代が激しい為、ファッションモデルの寿命は5年から長くて10年程度だと言われており、その後は俳優への転身をはかる場合が多い。だがケイト・モスの様に10年以上もカリスマ性を放ち、スーパーモデルとして活躍するモデルも稀に存在する。

また日本のファッション雑誌では、1990年代以降、ストリートの流行をすばやくキャッチし制作コストを下げる目的もあって、ストリート系のファッション誌を中心に、プロのモデルではなく街頭スナップや読者モデルを多く取り入れるようにしている。このためモデルは出演料の低下に悩むことになり、プロフェッショナルモデルの減少に繋がった。

ファッションモデルは、高身長で頭部が小さく痩身というイメージがあるが、プロポーションがよければ広告や雑誌などではとくに高身長は要求されない。一方、ファッションショ ーはライブで行われるため、カメラでの細工は不可能で遠くから見ても存在感が必要になり、観客にインパクトを与えなくてはならない。そのため、日本では女性で身長170センチ以上(海外ブランドでは175センチ以上とも)、男性で 180センチ以上が必要といわれる。また、カタログでも全身を写すため高身長のほうがよいといわれる。

なお、パーツモデルの場合は身体の一部分にのみ突出した美しさが要求され、身長やプロポーションは問われない。代わりに傷がついたり怪我をすると、モデルとしての価値が無くなってしまうため、日常生活に細心の注意を払っている。「手タレ」「足タレ」などという呼称は彼、彼女らがタレントではなくモデルであることから、ふさわしい呼称とは言い難く、本人達も嫌忌する傾向がある。

posted by ミスター★ヒコボシ at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135809823

この記事へのトラックバック
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。