プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

藤村落球が流れを変えた・・・西村痛恨サヨナラ打許す

◇日本シリーズ第4戦 巨人0―1日本ハム(2012年10月31日 札幌D)

 敗戦を意味する打球が、左中間で弾んだ。延長12回1死一、二塁。15年目の飯山に痛恨のサヨナラ二塁打を浴びた。巨人の守護神・西村は下を向いたままベンチ裏へ消えた。「次、気持ちを切り替えてしっかり頑張ります」と必死に声を絞り出した。

 延長12回に5番手として登板。先頭の小谷野を2球で追い込みながら粘られ、6球目の直球を右前に運ばれた。2回以来の先頭打者の出塁に沸く敵地。だが続く中島の送りバントを素早く二塁へ送り封殺した。反撃の芽を摘んだはずが、思わぬ落とし穴が待っていた。

 続く大野も投前にバント。今度は二塁を諦め、一塁ベースカバーに入った藤村に送球した。しかし、ここでまさかの落球。「自分のミス。自分の責任です」と藤村は消え入りそうな声で話した。岡崎ヘッドコーチも「投げた方ではなく内野手(の問題)。あれは捕らないといけない」と厳しかった。

 そして迎えた飯山にサヨナラ打を浴びた。結果的に藤村の失策がなくても2死二塁からの一打で負けていたかもしれない。しかし、凡ミスは試合の流れを一瞬で変えた。「彼を責めることはできない」と川口投手総合コーチ。今シリーズ初登板だった西村をかばった。

 7回無失点の宮国の後を受け、福田、山口、高木京と延長11回まで無失点を続けた。山口はチームメートの越智に並ぶ日本シリーズタイ記録の5ホールドをマーク。だが今季を支えたリリーフ陣の踏ん張りも、勝利には結びつかなかった。(スポニチアネックスより)

1−0の僅差の試合は、負けた方は結構ダメージ残りますよね。
失策がどうこう、守護神どうこう言う前に、あまりにも打線が不甲斐なかった。

まあ、これで2勝2敗のタイということで
ガゼン盛り上がってきました。
日本シリーズはこうでないと。

7戦までもつれ込んで、プロ野球ファンを大いに楽しませて
欲しいですね。
posted by ミスター★ヒコボシ at 09:08 | スポーツ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。