プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

野田首相、目潤ませ「解散します」=異例の表明、息のむ議員

緊張感の張り詰めた会場に、野太い声が響き渡った。「16日に解散します」。党首討論で14日、衆院解散を表明した野田佳彦首相。民主党幹部が反対一色の中、国会答弁をその場に選んだ。目を潤ませた表情には悲壮感すら漂わせ、見守る議員らは息をのんだ。
 午後3時から始まった党首討論。衆院第1委員室は、冒頭から緊迫した雰囲気に包まれた。対峙(たいじ)する野田首相と自民党の安倍晋三総裁を見詰める与野党議員も一様に表情が硬い。
 「近いうち」とした解散時期をめぐり、2人の応酬が続く中、野田首相は通知表を父親に見せた幼少時のエピソードを唐突に披露した。
 成績は下がったが、講評欄に「野田君は正直の上にばかがつく」と書いてあったという。「それを見ておやじは喜んでくれた。だから、うそをつくつもりはありません」。解散時期について「この討論の中で明らかにしたい」と続け、衆院定数削減などで安倍総裁に協力を求めた。
 民主党の政治姿勢をただす安倍総裁に対し、野田首相は右手で何度も手刀を切り、「国民の皆さんの前に約束をしてほしい」と畳み掛けた。
 「定数削減は来年の通常国会で必ずやり遂げる。ご決断をいただくならば、今週末の16日に解散をしてもいい」。まばたきを繰り返す目は赤くなり、声を震わせながら迫ると、静まり返った会場からは「おおー」「よしっ」と声が上がった。
 さらに「後ろに区切りを付けて結論を出そう。16日に解散します」と明言。さっぱりとした顔つきで椅子に深く腰掛けた。
 異例となる国会答弁での解散表明に、安倍総裁は「約束ですね」「よろしいんですね」と念を押す場面も。「どちらが政権を担うのにふさわしいか、選挙戦で相まみえることを楽しみにしています」と最後は大きな身ぶりで訴えた(時事ドットコムより)

昨晩お二人のやり取りを、夜のニュースで拝見させていただきましたが、
とても元首相と現首相の議論とは思えないほど、見苦しいものでした。

政権争いは仕方ないにしても、トップの2人の発言が、この程度では
近未来の日本に不安を感じずにはいられません。

子供の頃「ばか正直だった」かどうか知りませんが、
一国の長としての立ち振る舞い方にも気を使うべきだと思います。

離党する議員も出てきている様ですが、
一枚岩か否かよりも、代表の資質の問題かと思われます。
posted by ミスター★ヒコボシ at 13:44 | 日記
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。