プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

中田、虎ドラ1位藤浪に「生意気な」大阪桐蔭後輩の対戦希望にニヤリ

日本ハム・中田翔内野手(23)が22日、都内で「ジョージア魂賞年間大賞発表」の表彰式に参加。ともに阪神に入団した大阪桐蔭高の後輩で、ドラフト1位・藤浪晋太郎投手(18)には辛口エールを。そして、同校の先輩である前大リーグ・ツインズの西岡剛内野手(28)の日本球界復帰を歓迎し、自主トレでの“弟子入り”を宣言した。

 虎に吹き込んだ“大阪桐蔭旋風”に、若き主砲の心も躍った。大型新人と期待される後輩・藤浪、そして3年ぶりに日本球界に復帰した西岡。中田にとって、その存在から受ける刺激は大きい。

 藤浪がプロでの対戦を熱望していると伝え聞き「生意気な」とニヤリ。ただ、直後に「すごい投手だと思う。僕なんかじゃなく、もっと上の選手をライバルとして頑張ってほしい。オレなんか簡単に三振しちゃうしね」と話した。

 自虐的なわけではない。今季は後半戦の活躍でチームのリーグ優勝に貢献したが、満足いく成績には程遠い。チーム内に弟子入りを望む後輩もいるが「人に教えられる技術を持っていない。それを身に付けてから」と自身に厳しい評価を下す。

 「投手が投げるのも嫌だという打者は、たくさんいるから」という言葉は藤浪の大きな壁となるためにも、打者の高みを目指す決意の裏返しだ。

 そして、自身を高める先輩の復帰を喜ぶ。「西岡さんの背中を見てやってきた。また日本で一緒にできるのはうれしい」。今オフも合同自主トレを行う予定で、その技術を吸収する構えだ。

 日本シリーズで左手を骨折し、日本代表のキューバ代表戦を辞退。「(WBCへ)アピールしたかった」と唇をかんだ。現在は「もう大丈夫。今も家でバットを振っている」と経過も順調。28日に決まる日本代表候補33人に入るのは確実だ。飽くなき向上心で、世界に“旋風”を巻き起こす。
(デイリースポーツより)

今年の阪神のドラフトは1位藤浪、2位北條と甲子園で話題の中心だった選手を
首尾よく指名することができ、大成功でした。

過大評価はいけませんが、私は2人共即戦力だと思っております。
藤浪には同じ阪神の西岡、日ハムの中田、北條にはジャイアンツの坂本といった
同じ高校の先輩がいて「エール」を送られています。

2人の素質を見抜いての「エール」だと勝手に解釈はしていますが、
プロの世界は甘くはないですから、当然素質は充分でも「努力」なくして
一軍入り⇒レギュラーの道はありえません。

2人のさらなる飛躍を期待して、例年以上にキャンプ・オープン戦と
注目していきたいと思います。


posted by ミスター★ヒコボシ at 09:25 | スポーツ
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。