プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

「長時間歩いているのに痩せない」という人必見!痩せやすい歩き方のコツを聞いてみた!

ウォーキングといえば、ダイエットにおける定番中の定番。でも、「なかなか目標体重まで落ちない」「体重は落ちたけれど、足や腰などの痩せてほしい部分に効果が出ない」と悩んでいる人もいるのでは?  そんな方の参考になるべく、「痩せやすい歩き方」のコツを、ウォーキングプロデューサーのOK和男さんに伺いました。

「大切なのは、いかに自分の身体を燃えやすくするかということ。姿勢をただし、身体にとって気持ちの良い歩き方をすると、同じ距離でもカロリー消費が変わってきます。決して特別な時間を作ってウォーキングしなくても、普段の歩き方を工夫するだけで1日トータルのカロリー消費には大きな差が出るんですよ」(OK和男さん)

たとえウォーキングをしていない人でも、普段の歩き方を変えるだけでスタイルが変わってくることもあるようです。では一体、どんな歩き方をすればいいのでしょうか?  OK和男さんに伺った内容をポイントごとにまとめました。

●耳・肩・腰を一直線上に
「これは基本中の基本。背筋を真っ直ぐにすることで血行を良くし、代謝を上げます。肩と腰の位置に気を配る方は多いのですが、見落としがちなのは耳の位置。耳は頭の重心にあたるので、耳の位置が肩や腰の真上に来ないと負担がかかり、コリにつながります。その結果、歩行中の血行が悪くなってしまいます」(同)

●歩行中は、肩甲骨と骨盤の動きを重視
「歩くときの脚の動きを良くするカギは、肩甲骨と骨盤です。左肩甲骨を後ろへ引くときは、左側の骨盤が前、右肩甲骨を引くときはその逆、というように、2つの連動する動きを意識しながら歩くと、体幹部分が運動し、体の芯から燃焼していきます」(同)

●背中とお腹をくっつけるような意識で下腹部を引き締める
「ポイントはとにかく体幹を引き締めること。下腹部を引きこむような状態で歩くと、腹筋に力が入り、体幹が安定します。これにより下腹部のダイエットが促進されます」(同)

●かかとから着地してつま先で地面を蹴るように
「足の冷えやむくみ解消に重要なのがこの動き。かかとから着地するということは、すなわちつま先をあげることにつながり、足首の可動を促します。すると下腿(ひざ下)の筋肉がポンプのように動くため、血液の循環が活発になり下半身の代謝がよくなります。足がなかなか痩せない人は、歩く際に足首が動いていないケースが非常に多いんです」(同)

 OK和男さんいわく、「フォームに気を付ければ、歩くだけでも全身の筋肉が鍛えられ代謝が上がります。その結果、歩行だけでなく、さまざまな行動において痩せやすい身体になりますよ。さらに痩せる効果を求めたい人は、通勤前やウォーキング前に簡単なストレッチと筋トレをするといいでしょう。筋肉にハリが出て姿勢がよくなり、より脂肪燃焼が促進されますよ」とのこと。

 ウォーキングに励む人はもちろん、痩せたいけれど運動するのは面倒だし、料理は好きなだけ食べたいし…という人でも、普段の歩き方を少し変えるだけならチャレンジしやすいはず。年末年始の「お正月太り」を解消すべく、まずは歩き方から変えてみるのもいいかもしれませんね。(ネタりかより)

普段、車に乗ることが多く、あまり歩かない私には耳の痛い話ですが非常に参考になりますね。
ウォーキングを新たに取る時間のない方でも、普段の歩き方を意識して工夫するだけで
随分違う様です。

特にこれから年末年始は、「暴飲暴食」「運動不足」になりがちですよね。
「代謝」「体幹」「姿勢」を意識して健康的に体を締めましょう!

こちらのブログもご覧下さい

↓↓↓↓↓

美しい髪の為に必要なヘアケアとは?




posted by ミスター★ヒコボシ at 10:50 | 日記
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。