プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

「ゆとり世代」の部下・後輩とうまく付き合う5つの方法

'88年生まれ以降の「ゆとり世代」が続々と社会人の仲間入りを果たしている。新世代である彼らと付き合う必勝法を『「ゆとり世代」を即戦力にする5つの極意』の著者・伊庭正康さんが語る。

● 早い段階で失敗を経験させるべし

 ここ数年、本格的なゆとり教育を受けた「ゆとり世代」が新入社員として、続々と会社にやってきている。自分がやりたい仕事には徹夜をしてでも全力で取り組むけれど、やりがいを見いだせない仕事はやろうともしない…。そんな新世代の部下・後輩の指導に、プレッシャー世代(※)をはじめ、頭を悩ませている人は少なくないはず。充実した会社ライフを送るためには、彼らとどう付き合うべきだろうか? 

 「ゆとり世代の直近の先輩であるプレッシャー世代は、少しでも早く一人前になりたいと考える、自立性の高い世代でした。それに対して、ゆとり世代は日常業務などのごく狭い範囲での失敗を恐れて、人とつながることで安心感を得ようとする、依存性の強い世代です」

 この「身近な失敗への恐れ」こそが、自由気ままにも見える、ゆとり世代の行動理由。そう話すのは、『「ゆとり世代」を即戦力にする5つの極意』の著者・伊庭正康さんだ。

 「ゆとり世代の成長の妨げとなる『失敗を恐れる気持ち』を取り払うためには、早い段階で失敗を経験させることが大切。失敗からの回復を経験することではじめて、失敗を恐れない自信を得ることができるからです」

 失敗しない方法を求めているゆとり世代に対して、その答えを知っている先輩・上司としては、明確な答えを与えたくなってしまうもの。けれど、それではいつまで経ってもゆとり世代は自立することができない。やりたくない仕事から逃げたり、指示に従うだけの状態が続いてしまう。

 「たとえば、ゆとり世代から『飛び込みの訪問でなかなか会ってもらえずに悩んでいます。どうすればいいでしょうか? 』と相談されたとき、失敗しない方法を詳細に指示することは簡単です。しかし、それではゆとり世代は仕事に失敗しないことに満足するだけで、その仕事の『意味』までは考えることができません」

 ※【プレッシャー世代】とは
最近、ネット界やビジネスシーン、学問の世界などで新世代が台頭し始めている、現在25歳から30歳(1982-1987年生まれ)の世代。ゆとり世代と氷河期世代の間に位置。
人気ブロガー“sugio”さんが2007年に命名。ネット上で生まれ、ネット上で話題となった。sugioさん曰く「’82 年生まれの北島康介さんのように、人生の大一番で実力をフルに発揮できる有名スポーツ選手が目についた。下のゆとり世代や上のポスト団塊ジュニア世代に比 べて、明るい中にも独特のピリっとした雰囲気を漂わせる方が多いように見受けられた。そこに彼らが過ごした時代性が反映されているのではないか、様々なプ レッシャーに耐えてきた世代なのではないかと考え命名した」とのこと。ここ一番で強さを発揮する、明るさの中に緊張感を秘めた世代。

● ゆとり世代のNGワード・OKワード

NGワード 「Aさんはできるのに、なんで君(You)にはできないの? 」
⇒他人と比較して、競争心を煽る「You」は相手との絆を断ち切るハサミ言葉。
つながりを大切にするゆとり世代の意欲を削いでしまいかねないNGワードだ。
 OKワード 「みんな(We)で成功するにはどうすればいいかな? 
 一緒に(We)考えてみよう」
⇒一体感を感じさせる「We」は相手との絆を結びつけるボンド言葉。
チームワークを重視するゆとり世代のやる気に火をつける魔法の言葉でもある。

 明確な指示を与えることは、その場限りだけを見てみればラクだろう。けれど、仕事の「意味」を考えることなく、ただ指示に従っているだけでは、ゆとり世代が自立性に目覚めることはできない。

 仕事に対して主体性を身につけるためには、「どうしたいのか」「どうすればいいのか」といった、
「意志(WILL)」を引き出すことが重要だと、伊庭さんは言う。

 「相談されたときにはまず、『なんで会ってもらえないのかな? 』『じゃあ、どうしたらいいと思う? どうしたい? 』と問い掛けてみてください。はじめはゆとり世代の部下・後輩もうまく答えることができないでしょう。失敗することもあるはずです」

 けれど、問い掛けを続けていくことで、「意志(WILL)」の思考回路がつながり、やがて目標が見えてくるようになる。そして、失敗を重ねることで、ゆとり世代は失敗を恐れない自信を得ることができるのだ。

 「ただし、意志(WILL)を引き出したいからといって、『Aさんはできるのに、なんで君にはできないの? 』と、競争心を煽るような言葉はご法度。つながりを大切にするゆとり世代は比較されることを極端に嫌います」

 彼らは、結果よりもチームワークや努力を重視して、お互いに承認し合う「ゆとり教育」で育った世代。他人と比較して競争させる「You」よりも、仲間と絆を感じさせる「We」がゆとり世代の意欲を刺激する。

 「たとえば、営業ノルマを達成できずに苦しんでいるゆとり世代がいたなら、『みんな(We)で成功するためにはどうすればいいかな?  一緒に(We)考えてみよう』と声を掛けてみてください。『なんで君(You)にはできないの? 』という言葉には萎縮していたゆとり世代も、途端に目の輝きが変わるはずです」

● 影響力を保つカギは「社外コミュニティ」

 さらに、ゆとり世代とのつながりを深めるために、知っておきたいのが業務外でのコミュニケーション術。ゆとり世代は定時になるとすぐに帰るケースが多いと言われる。飲み会に誘ったら嫌がられるのだろうか? 

 「つながりを大切にするゆとり世代は、コミュニティから外れることを好みません。基本的には『みんなが行くのであれば、自分も行く』というスタンス。つながりを深めるために、1ヵ月に一度程度なら、飲み会に誘うのもいいでしょう」

 ただし、社内コミュニティだけでの飲み会を続けていては、ゆとり世代の心は離れていきかねないと言う。

 「社会人経験の浅い1年目であれば、社内の人間関係だけでも新鮮さを感じるでしょう。けれど、2年目、3年目と社会人経験を重ねていくと、閉塞感を覚えるようになります。そんなとき、上司・先輩世代が社内コミュニティに留まっていては、ゆとり世代は失望しかねません」

 社外にもしっかりとコミュニティを築いて、ゆとり世代を社外コミュニティへと連れ出すことが、影響力を保つカギとなるのだ。

 「心理学に『ジョハリの窓』という、対人関係における気付きのグラフモデルがあります。横軸が自分の知識(知る・知らない)、縦軸を相手の知識(知る・知らない)で作られた、4象限のマトリクスです。この中の『自分は知っていて、相手は知らない』という象限、『秘密の窓』を多くもっていれば、相手が望むときに効果的に披露することで、尊敬を得ることができます」

 まずは難しく考えず、社外の友達との飲み会にゆとり世代の部下・後輩を誘うだけでも効果的だそう。もちろん、自分自身が成長するためにも、常に人脈を広げるための努力はしておきたいところだ。

 後輩への影響力を維持し続けるためには、「自分は知っていて、相手は知らない」こと=「秘密の窓」を多く持っておくことが重要。相手が望むときに効果的に披露することで、信頼を勝ち取ることができる。

 後輩との円滑なコミュニケーションを進める上で重要なツールとなる『ジョハリの窓』。上司・先輩の価値を高めることにもつながるので、ぜひこの仕組みを念頭に置いておきたい。

● ゆとり世代シーン別対処法

 1.飲み会に誘ってもOK? 
⇒つながりを大切にするため、「みんなが行くのであれば、自分も行く」というスタンス。1ヵ月に一度程度であれば問題なし。

 2.プライベートな話題の許容範囲は? 
⇒「仲間」と認めた相手には、プライベートを見せることに躊躇しない。ただし、一度聞いて嫌がられた話題には触れないこと。

 3.「会社を辞めたい! 」と言われたら? 
⇒まずは相手の言葉を反復しながら、傾聴し続けること。相手がひと通り話し尽くしたところで、「それで、辞めてどうするの? 」と問い掛ける。すると、相手からアドバイスを求めてくるはずだ。

 飲み会の席ではプライベートな話題になりやすいもの。
日常会話の中でも、どこまでならゆとり世代のプライベートに踏み込んでOK? 

 「デリケートになり過ぎる必要はありません。むしろ、プライベートな話題にはプレッシャー世代の方が敏感過ぎるほど。ゆとり世代は『仲間』と認めた相手には、プライベートな面を見せることに戸惑いはありません。SNSでも会社の上司や先輩とつながって、プライベートな日記や写真を見られることにも躊躇しないほど。ただひとつ、気をつけるとしたら、一度聞いて嫌がられた話題には触れないこと。それが彼らの流儀です」

 <積極的に「絆」を深めるべし! >
ゆとり世代の心を掴むためにはまず、「仲間」であると認識してもらうことが効果的。
積極的なコミュニケーションで絆を深めるべし! 

● ゆとり世代のタイプ別育成ポイント

 <もっと、ゆとり世代を育てるには…>
「ゆとり世代」と言っても、さまざまなタイプがいるもの。
タイプ別育成ポイントを押さえれば、さらに育つきっかけを与えることができる。

 1.「ほどほど」にこなすタイプ
⇒指示した仕事はこなすけれど、失敗したくないために次の一歩が踏み出せないゆとり世代には、失敗体験を通じて「失敗を恐れない自信」を抱かせること。

 2.「文句」の多いタイプ
⇒上司・先輩世代のアドバイスにアレルギー反応を示すゆとり世代には、一体感を感じさせる「We」言葉で、「絆力」を刺激するのが効果的だ。

 3.「イエスマン」タイプ
⇒仕事の「意味」を考えず、指示に従っているだけのゆとり世代には、「どうしたいのか? 」「どうすればいいと思うか? 」を問い掛け続けて、「意志(WILL)」を引き出す。

 プライベートでもつながりを深めて、ゆとり世代からの信頼を得られるようになったある日のこと。突然、「会社を辞めたい! 」なんて相談を受けることがあるかも。そんなときにはどうしたらいいのだろうか? 

 「いきなり『辞めるな』と説得をはじめても、ゆとり世代の心には響きません。引き止めようとするよりも、まずは彼らの言葉に耳を傾けるべきです」

 たとえ、ゆとり世代の言い分や不満が間違っているように思えても、相手の言葉を反復しながら、話を聞き続けることがポイントだ。

 「相手がひと通り話し尽くしたところで、『それで、会社を辞めてどうするの? 』と問い掛けてみてください。すると、ゆとり世代の方からアドバイスを求めてくるはず。そのときにはじめて、『○○だから、辞めることにメリットはないよ』と、あなたの意見を投げかけるのです」

 上司や先輩からのアドバイスにはアレルギーを示すゆとり世代だが、一度心を開いて、仲間だと認識した相手からの意見はよく聞き入れるのが特徴と伊庭さん。さらに、失敗を恐れるゆとり世代だからこそ、デメリットを強調することでより心に響かせることができるのだ。

● ゆとり世代を活かす「絆」マネジメント術

 ゆとり世代の「つながろう」とするマインドは、指導次第でプラス方向にもマイナス方向にも働く。上手くプラス方向へと導くことができれば、ゆとり世代の「つながる力=絆力」は、ビジネス成功のカギにもなるはずだ。

 「『同僚はライバル』という意識が強かったバブル世代・氷河期世代の上司には、ゆとり世代の『絆力』は理解しがたいものです。その間の世代であるプレッシャー世代は、両方の思考をバランスよく兼ね備えている世代。ぜひ、賢く立ちまわって、世代間の調整役を担ってもらいたいと思います」

 プレッシャー世代が指導に当たるとき、ゆとり世代の仕事ぶりを上司に報告する際には、どのような点に注意すべきだろうか? 

 「ゆとり世代の動向を詳細に上司へ報告する必要はありません。報告の内容が細かければ細かいほど、上司世代から返ってくる意見も増えてしまいます。また、上司世代が求めているのは、ゆとり世代がどういうパフォーマンスをしているのかという構造的な部分です。ひとつひとつの仕事の具体的なことは、聞かれたときだけに答えるようにするといいでしょう」

 各論に陥りやすいのはプレッシャー世代の特徴だと伊庭さん。上司世代とゆとり世代の板挟みになって、余計な業務やストレスを増やさないためにも、心掛けたいポイントだ。

 「つながりを大切にするゆとり世代にとって、最大の報酬は『仲間と心がひとつになれる瞬間』です。まったく異なる時代を生きてきた上司世代よりも、プレッシャー世代は彼らを理解することができるはず。指導するときにも、『絆』を感じさせるような言葉・方法を意識してみてください。ゆとり世代の『つながろう』とするマインドを刺激することができれば、きっと、ビジネス成功の原動力となるはずです」

 (雑誌「ウレぴあ」秋号より  blueprint = 取材・文 タナカケンイチ = イラスト)(ネタりかより)

失敗を恐れない自信を得るためには、失敗の場数を踏んで良い意味で「恥ずかしい」と
思う感覚を「マヒ」させる様なことなのでしょうね。

ただ、何を持って「失敗」と定義するのか、私にはよくわかりません。
自分の思い通りにならなかった結果全てを「失敗」と定義するのでしたら、私なんて
毎日「失敗」だらけですよヽ(*´∀`)ノ

何でも予想どおりに、何のハプニングもなく物事がすすんでしまったら、
こんなつまらない人生ないですよね。

「ゆとり世代」云々より、全ての世代は常にチャレンジしていくしかないでしょう。
同じ人間なのですから、「熱いもの」を感じれば一緒に前向きに仕事が出来ると
考えるのは短絡過ぎて、ノー天気なのでしょうか(^。^)

こちらのブログもご覧下さい

↓↓↓↓↓

美しい髪の為に必要なヘアケアとは?




posted by ミスター★ヒコボシ at 06:54 | 日記
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。