プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

キューティクルとは?

キューティクルは髪の毛の表面にあたる組織で、

魚のウロコの様な形をしています。

髪の毛が柔軟に曲がるのは、この形状のためなのです。



キューティクルが密で、整っている状態の髪の毛が健康な姿なのです。

なお、キューティクルは、健康毛でもひとりひとり違うため、

指紋と同様に1本の髪の毛から、誰のものかであるかを判定出来ます。



また、キューティクルには、髪の毛の水分を保持する役目が有ります。

キューティクルが壊れると、髪の毛は水分を保持出来なくなって、

光沢と柔軟性を失ってしまいます。

一旦壊れたキューティクルは再生出来ません。



キューティクルは再生する?



ひょっとしてあなたは、カラーリングや縮毛をブリーチと

一緒にしていませんか?

その結果、髪の毛を掻きあげた時や指をすき入れた時に、

引っかかったり枝毛が出てきたり、

毛先のパサつきが酷かったりしていないですか?



染毛やパーマ等の乱用でキューティクルが剥がれてくると、髪の毛のパサつきや枝毛も増えてまとまりもなくなってきます。

また、触った時もザラついた感じがして、絡まりやすくなってしまうのです。



こうなってしまいますと、色々な好みの髪型にしてみたいと思っても、

思う様にスタイリング出来なくなってしまいます。



ウロコ状構造で水分や栄養を髪の毛の内部に留める事で

「天使の輪」を形成する事が出来るのがキューティクルです。

剥がれてしまったキューティクルは結論から言いますと

再生は出来ないのですが、

キューティクルの傷を広げない様にする事は可能です。



そして、新しく生えてきた新生部の髪の毛には、

しっかりとキューティクルがついています。

いかに傷んだ部分を現状維持させて、新生部のキューティクル

傷めない様に伸ばすかが大切になってきます。



キューティクルが傷む時



キューティクルが最も傷んでしまうのは、

濡れた状態のタオル等の強い摩擦です。

キューティクルは濡れるとウロコ状の重なりが開いて、

一番危険な状態になります。



シャンプーの後、トリートメントをたっぷりつけて

濡れタオル等で包んで時間を置くとしっとり感が増量します。

殆どの方はそこまでしないですよね?



試してみてください!



そして、髪の毛を洗ったあとは、開いたキューティクル

摩擦でささくれ立った様にボロボロになりやすいので、

予防には、まずはしっかりと乾かすことですが重要です。



一度壊れてしまったキューティクルの再生は出来ませんので、

なるべく傷ませない様に予防する事が大切です。



例えば、日光に当たりすぎた後は、しっかりトリートメントを行なうとか、

ハードスプレーの乱用をしないとか、

ドライヤーを一部分に至近距離で当てない(タオルドライをしっかりとする)等、

ちょっとした事に気をつけるだけで、日常生活にかかる

髪の毛のストレスを緩和する事が出来ます。



ただし、アイロンを使用している方は保留です。



バッサバッサ状態でで、静電気がすぐに立ってしまいます。

そうなりますと、もう髪の毛を切るしかなくなってしまいますので、

キューティクルがボロボロになる前に

ケアをして、傷まない様に気をつけましょう。



今は、洗い流さないで栄養成分を取り込める

トリートメント等もありますので、

適量を傷んだ部分に揉み込むだけで済みますので、すごく簡単です。






こちらのブログもご覧下さい


↓↓↓↓↓





ノンシリコンシャンプー口コミ【ドクターネイチャー】
















posted by ミスター★ヒコボシ at 19:18 | ノンシリコンシャンプー人気【ドクターネイチャー】
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。