プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

「半身浴」で疲労回復!!

疲労回復、ストレス解消の効果を引き出す入浴方法として半身浴がおススメです。温まった部分の血液が全身をめぐって熱を運ぶので、上半身が冷える心配はありません。



血液は約1分間で全身を1循環します。42度以上の熱いお湯ですと数分しか入浴できず、循環も数回で終わってしまいます。



体温よりやや高めの39度前後に設定しましょう!
約20分つかれば、血液が体内を20循環することになり、体内に蓄積された乳酸などの疲労物質、尿酸やナトリウムなどの老廃物を、尿や汗と一緒に排出することが出来ます。



入浴後は血液が濃縮されドロドロになりますので、水分補給を充分におこなって下さい!!
posted by ミスター★ヒコボシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

ナツメでイライラ解消!!

黄色の花を咲かせ、濃紅色をした楕円の果実をつけるナツメは、中国が原産の落葉性の小高木です。



万葉集にも登場することから、日本にはすでに奈良時代には、入ってきていた様です。



ナツメの果実を蒸して乾燥させたものを「タイソウ」と言いますが、このタイソウは風邪のひき始めに効く「葛根湯」や、不眠をやわらげる「カンバクタイソウトウ」など、さまざまな漢方薬に含まれています。



ナツメには良質なタンパク質や脂質、カルシウム、ビタミンC、葉酸、カリウム、鉄などが豊富に含まれており、古代中国では、桃、李(スモモ)、杏、栗と共に「五果」と称されていました。



豊富な栄養成分によって、内臓の機能を活発化させると同時に、心をおだやかな状態に導いてイライラをしずめてくれます。



ただ、豊富すぎる食物繊維によって、おなかがゆるくなったり、カロリーが過剰になることもあるので、1日に5〜10個程度を目安にするとよいでしょう。



毎日食べ続けることが大事です。



乾燥ナツメは、硬くて食べづらい方は「ナツメの水煮」を試してみて下さい。



ナツメ水煮の作り方



材料 乾燥ナツメ(乾いたふきんなどで軽くゴミを取り除いておく)・・・適宜


   水・・・適宜



鍋にナツメと水を入れる。水の量はナツメがつかる程度。



中火から強火で約15分煮る。途中、水が減ったら、さし水をする。



ナツメがふくらんで、やわらかくなったら出来上がり。煎じ汁も栄養価が高いので飲んでも良いでしょう!!



ナツメは1日中、いつ食べてもOKです!!



posted by ミスター★ヒコボシ at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

心の緊張をほぐす「わりばしリラックス」

くちびるに、わりばしをのせて横になる「わりばしリラックス」をおこなうと、あごから力が抜け、口の周りの筋肉がリラックスします。



この感覚をマスターしたら、次に、首、肩、腰、膝、足首といった全身の関節のまわりの筋肉も同様にリラックスさせていきます。



あごと全身の関節、筋肉をリラックスさせていけば、体の歪みは改善され、同時にストレスも軽減していきます。



わりばしリラックスのやり方



割り箸を割って、片方の1本だけにする。



仰向けに寝て、割り箸を、くちびるに軽くのせる。



くわえるのではなく、のせる感じ。



口の周りの筋肉がゆるんだら、そのリラックスした感覚を全身に広げていく。



そのまま10分から30分・・・。



これを毎日1回以上続けてみて下さい。
posted by ミスター★ヒコボシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

「指先刺激」と「足裏刺激」で疲れを癒す

足の裏や手のひらには、各器官や臓器に対応する反射区や反射点があるとされています。



反射区や反射点を刺激することで、各器官や臓器の働きを活性化させようとするのが、最近流行りの「リフレクソロジー(反射療法)」です。



「指先刺激」と「足の裏刺激」は、リフレクソロジーのように、反射区や反射点を細かく正確に把握する必要はありません。



脳のストレスを解消する「足の裏刺激」のやり方



椅子に座り靴を脱ぐ。右足のかかとで左足の土踏まずをギューッと押して刺激する。反対も同様に、各3回ずつおこなう。



脳のストレスを解消する「指先刺激」のやり方



両足をそろえて椅子に腰掛ける。背筋を伸ばして、おへその前あたりで両手の指先の腹どうしを合わせる。息を吐きながらギュッと力を入れたら、パッと離して脱力する。これを3回ほど繰り返す。



手足の末端に受けた刺激が伝わると、脳の働きが活性化し、交感神経も活発に働きだします。



交感神経、副交感神経の活動のアンバランスが是正されると、しだいにストレス状態は緩和されるでしょう!!
posted by ミスター★ヒコボシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

「耳ツボ刺激」でストレス緩和!!

「耳ツボ刺激」は、約2000年前に書かれた中国の医学書にも記載されているほど歴史の長いものです。



東洋医学では「経絡」という12本の生命エネルギーの通り道が全身をめぐっていると考えますが、耳およびその周辺んは12本すべての経絡が通っていて、110個ものツボがあるのです。耳ツボを刺激することで、ストレスそのものや、ストレスによって引き起こされた症状を緩和することが出来ます。



耳ツボ刺激は指で押したり、もんだり、こすったりしておこないますが、このとき指が冷えていると効果が半減します。両手をこすり合わせて、あたためてからおこなって下さい。



つまようじの頭(とがっていないほう)、ヘアピン、インクの切れたボールペンの先端などでツボを刺激するのもよいでしょう。



ツボの位置が正確にわからない場合、だいたいの見当をつけて、こうした道具で少し広い範囲をつついてみると、特に強く痛みを感じる点があります。



これが目指すツボですので、そのままつつくなどして、ツボを刺激して下さい。



posted by ミスター★ヒコボシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

「うなじタオル」で快適睡眠!!

人間の体内リズムは、午後2時頃に眠くなる様になっている様です。



アメリカとイスラエルで、交通事故が起こりやすい時間帯を調べた所、夜間に続き午後2時前後に事故が多発していることが判明しました。



昼間に短時間の昼寝をすると、心身に休息を与える事が出来、仕事や勉強の能率が上がります。



また、昼寝によって睡眠を補うことで「眠れない、慢性睡眠不足」というストレスからも解放され、不眠症が改善された事例もあります。



昼寝といっても、横になって長時間寝てしまうと深い眠りに陥ってしまい、なかなか目覚めず頭がボーッとして逆効果になる可能性があります。



椅子に座って15分程度軽く昼寝することで、スッキリ、ハッキリ、クッキリ、ほっこり(笑)、幸せ気分になれるでしょう!!


posted by ミスター★ヒコボシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

ちょっとした昼寝で脳を活性化させ、体の疲労を解消!!

人間の体内リズムは、午後2時頃に眠くなる様になっている様です。



アメリカとイスラエルで、交通事故が起こりやすい時間帯を調べた所、夜間に続き午後2時前後に事故が多発していることが判明しました。



昼間に短時間の昼寝をすると、心身に休息を与える事が出来、仕事や勉強の能率が上がります。



また、昼寝によって睡眠を補うことで「眠れない、慢性睡眠不足」というストレスからも解放され、不眠症が改善された事例もあります。



昼寝といっても、横になって長時間寝てしまうと深い眠りに陥ってしまい、なかなか目覚めず頭がボーッとして逆効果になる可能性があります。



椅子に座って15分程度軽く昼寝することで、スッキリ、ハッキリ、クッキリ、ほっこり(笑)、幸せ気分になれるでしょう!!


posted by ミスター★ヒコボシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

非日常体験でストレス軽減!

毎日同じ事の繰り返しで、嫌になってしまうと感じることありませんか?


私はしょっちゅうあります(笑)。


それって結構ストレスがたまっている状態なのです。



休日を利用して、非日常的な趣味に没頭することで、ある程度ストレスを断ち切る事が出来ます。



ちょっとした運動、散歩、ペットと遊ぶといった事でも良いのです。



時間と先立つもの(笑)があれば、旅行なんかは気分転換には、もってこいです。



まさに非日常的な体験が出来ます。



一日中家の中に閉じこもって取り組む趣味も、悪くはないのですが、普段ストレスを強く感じるタイプの人は、何事にも「一生懸命」になりすぎるきらいがあります。



「ほどほどに楽しめる範囲」にとどめる事を意識することも大切かと思います。

posted by ミスター★ヒコボシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

「小さな成功体験」でストレスが軽減出来ます!!

昨日の続きです。



「成功体験」を思い出すとなると、何か大きな目標を達成した事だけに限定されがちですが、決してそうではありません。



小さな事でも何か1つでも達成出来たら、西川きよしさんです(笑)。いや、失礼!!



大きなことは出来ませんが、小さなことからコツコツと・・・。



でしたね!



小さな事でも何か1つでも達成出来たら、頭の中の「お気に入り」に登録!?(笑)しましょう!



色んな場面で「忙しい、忙しい」と言って、自分自身を見失ってしまい、気がつけば1日が終わってしまった。そして残ったのは、虚しさとストレス・・・。



そんな経験ないですか?



10個の対処しなければならない物事があるとしたら、全てを一歩ずつすすめるのではなくて、
優先順位を明確につけて、1つずつ終了させる方が達成感につながります。



どうせ体1つでやれる事は限られている、と割り切って物事にあたる事も大事です。



あれもこれもと中途半端に手を出して、パニック状態になる前に、しっかり物事に優先順位をつけて行動すると、ある程度ストレスは軽減されると思います。
posted by ミスター★ヒコボシ at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

イメージトレーニングでストレス解消!!

人間の想像力は思った以上に優れたもので、あらゆる映像、ストーリーを作り出す事が出来ます。



どうせあれこれ想像するのであれば「マイナス思考」より「プラス思考」で、その力を発揮する方が良いのは申し上げるまでもございません。



一流のアスリートが、競技レベルの向上の為に取り入れている「イメージトレーニング」を私たちの日常生活に取り入れない手はないでしょう。



イメージトレーニング法



出来るだけ具体的に「成功までのプロセス」を想像してみましょう。現実世界でイメージした事を「追体験」として行動する様にします。



過去の成功体験を思い出し、自信を持つ事も大切です。



苦しい状況に陥った時は、その状況に飲まれない様に自分を客観的に見るクセをつけましょう。
そうする事で「冷静さ」を取り戻し、落ち着いて物事に対処出来ます。



物事に取り組む直前に、それまでイメージした成功までのプロセスをもう1度、頭に思い浮かべる事も重要です。







posted by ミスター★ヒコボシ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

「足湯」で足裏をあたため、疲労回復!!

東洋医学では、全身に「経絡(けいらく)」というパイプラインのようなものがあり、そこに「気」という生命エネルギーが流れていると考えられています。



「気」がスムーズに流れることによって、五臓六腑が活発に働き、健康状態は良好、心身の活力が保たれます。



「気」の流れが悪くなると、肩こり、便秘、下痢、高血圧、月経痛、月経不順、慢性疲労、不眠症、胃痛、肌荒れといった様々な症状を引き起こしてしまうのです。



「気」の流れが滞る原因はいろいろありますが、心身のストレスも大きく関わっています。こうした「気」の滞りを解消する方法として「足湯」があります。



「足湯」の効用は美容面でも発揮されます。足があたたまると新陳代謝が活発になり、肌が美しくなります。



またダイエット効果も期待できます。



体が冷えると、体をあたためようとして食欲過剰になることがありますが、それを防ぐことが出来るのです。



初めは38℃くらいの、ぬるま湯から始め、さし湯をしながら42℃か43℃まで温度を上げていくと良いでしょう。



40分以上「足湯」を続けると、かなり効果的です。



レッツビギン!アシユ!(笑)。
posted by ミスター★ヒコボシ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

自律神経の乱れを改善する西洋オトギリソウ!!

別名「セント・ジョーンズ・ワート」と呼ばれている
西洋オトギリソウは、
ヨーロッパ、アジア、北アフリカ、北米などに分布する薬草で、



ローマ時代から精神安定、消炎鎮痛のほか、
精神を高揚させてくれる
「抗うつ薬」として利用されてきました。



現在でもヨーロッパ、とくにドイツでは西洋オトギリソウは、
医薬品として利用されており、



うつ状態の患者にはまず、
この成分が入った薬を処方するほどです。



西洋オトギリソウは日本でも、
アロマテラピーやハーブティーとして
利用する人が増えてきました。



ストレスがたまりやすく、

成人の5人に1人が不眠症に悩む現代の日本人にとって、

実にありがたい働きがあるので当然のことといえるでしょう。



原因不明のイライラ、不安感といった
ストレス症状を軽減して心を穏やかにするほか、


体内時計をコントロールするホルモンである
メラトニンの分泌を刺激して、
自律神経の調整もおこなってくれます。



個人差はありますが、


サプリメントなどを約2週間から1ヶ月ほど飲むと、
効果が実感できる様です。
posted by ミスター★ヒコボシ at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 不眠対策

「甘口ウィスキー」で快適睡眠!

就寝1時間から30分前の適度な飲酒は、
心身をリラックスさせて、
スムーズな眠りに導いてくれます。



アルコールの酔いが回る頃に寝床に入るのがベストです。
ただ量を増やすと依存症になりかねませんので、
ご注意下さい!!



「甘口ウィスキー」はナイトキャップにもってこいです。



砂糖の甘味で気持ちをリラックスさせます。
また炭酸水が胃の働きを活発にするので、
アルコールの吸収力が高まり、
適度な量でほろ酔い加減になれます。



お湯で割っても大丈夫です。
お湯であたためられると胃の吸収力が増加し、
炭酸水と同様の効果が期待できます。



「甘口ウィスキー」の作り方



材料・・・ウィスキー30ml、砂糖小さじ1杯、炭酸水・・・適宜



1)ウィスキーに砂糖を加えて、よくかき混ぜて溶かします。


2) 炭酸水(なければ砂糖を加えず、炭酸入りのジュース)を加えると出来上がりです。



アルコールは習慣性があるので、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう!
posted by ミスター★ヒコボシ at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

ロウソクの炎で、だんだん眠たくなる

人間は昔から「炎」を生活に取り入れ、
炎と共に生きて来ました。


そのため人間は、
炎の揺らぎを見ると妙に心が落ち着くのです。



人間の脳をリラックス状態に導くのは
「炎の形」ではなく「炎の揺らぎ」であり、
人工の明かりではこうした結果は期待出来ません。



ロウソクのリラックス効果はバツグンですが、
リラックスしすぎて、火事の原因にならない様、
就寝前に眺める時は注意しましょう!!



出来れば就寝前ではなく、
食事の時など人工の照明から、
ロウソクの「炎」に変えて眺めていただきたいものです。
posted by ミスター★ヒコボシ at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

牛乳風呂でリッチな気分!

豊富なカルシウムを含んでいる牛乳を飲むと
背が伸びるとか、骨が丈夫になるとかよく言われます。


またカルシウムには神経を静め、
心を落ち着かせる作用があります。


牛乳の栄養成分は、体内からだけではなく
皮膚表面からも吸収出来ます。


古代エジプトの王妃クレオパトラや
ローマの貴婦人たちが
牛乳風呂を愛用して
美貌を保ったという話も知られています。


風呂の湯全てを牛乳にする必要はなく、
湯船に1リットルの牛乳を注いでから、
リッチな気分でリラックスして入りましょう!!


湯の温度は、
リラックス効果の高い38〜40度が良いでしょう。


20分くらい、ゆっくりつかると、
牛乳のほのかな甘い香りによって
イライラや不眠、ストレスなどを解消出来ます。


牛乳のにおいが気になる方は、
最後にシャワーで洗い流しても


効果に変わりはございませんので、
ご安心下さい。
posted by ミスター★ヒコボシ at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

早起きしましょう!

睡眠は自律神経(交感神経と副交感神経)によって
コントロールされています。


体を活発に活動させる交感神経は、
朝になると働き出し、
体温や血圧が上昇して目が覚めます。


副交感神経は夜間に働き、
体を休息させてくれます。


人間にはこういった体のリズムがあるわけで、


遅寝、遅起きの生活を続けるとリズムが狂って、
自律神経失調症や、うつ病の原因になってしまいます。


逆に規則正しい生活を送ることで、
ストレスを軽減する事も可能です。


副交感神経と交感神経が切り替わるのは、
午前5時ごろと言われています。


この時間に起きるのがベストですが、
早すぎてなかなか難しいかと思います。
(えらそうに言ってる私も、確実に無理です 笑)



午前5時にこだわりすぎず、
少しずつ早起きして体のリズムを整えていきましょう。



「毎日は、つらすぎる。」と言う方は、
週一回の早起きからでもスタートしてみましょう。


早起き出来た!!という自信もついて、
早起きを継続しやすくなります。
posted by ミスター★ヒコボシ at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

人間寝ないと、どうなるの?

布団に入って眠れなくても、横になっているだけで、
ある程度体は休まります。


人間の体は
数日の睡眠不足ぐらいカバー出来ますので、
あまり気にしない方がよいでしょう。


ただ、眠らないと
大脳に充分な休息を与える事が出来ず、
ストレスの原因になりかねません。


どうしても、どうしても眠れない時は、


思い切って布団から出て雑誌を読んだり、
音楽を聴いたり、のんびりリラックスしましょう!!


コーヒーやタバコは避けて、
ハーブティーやホットミルクを飲んでみるのも
良いでしょう。





posted by ミスター★ヒコボシ at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

あの食材が神経を安定させるのです

不眠に効果的な香りとしてアロマテラピーは、
みなさんよくご存知かと思います。

オイルやポプリもありますが、
手軽にスーパーで手に入る食材で、代用出来るものがあります。




それは・・・・・。




玉ネギです。


玉ネギの揮発成分は、神経を安定させる作用があり、
誘眠効果のある成分が含まれています。


玉ネギに含まれる豊富なビタミンB群は、
別名「精神のビタミン」とも呼ばれ
ストレスをやわらげる効果があります。


一度、玉ネギを枕元に置いて試してみて下さいね。
posted by ミスター★ヒコボシ at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

刺激を受けてリラックス睡眠!

眠ろう、眠らなくては、と思えば思うほど
目が冴えて眠れなかった経験をお持ちの方も多いと思います。


神経質になりすぎると、よけいに眠れなくなります。


時計の音が気になりだすと、もう大変!!
このまま朝まで眠れないのではないかと、あせりますよね。


私にも経験がありますので、よくわかりますよ。


ただ人間は新しい刺激に対しては敏感ですが、
同じ刺激を受け続けると
次第に感覚が鈍ってきます。


電車の規則正しい振動や揺れが眠気を誘うのと同じです。


時計の音に耳をすます方が、
かえって脳の興奮性が低下して眠気を催す結果になると思えば・・・。


時計の音が恋しくなるかも知れませんね(笑)



posted by ミスター★ヒコボシ at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

快眠したい!熟睡したい!

部屋の電気を消して、目に入ってくる光の量が減ると
瞳孔は自動的に開きます。
瞳孔が開くという事は、交感神経が活発に働き、
覚醒作用が高まった状態です。


反対に部屋を明るくすると、
瞳孔は光の量を抑えようとして細くなりますが、
このときにリラックスの神経である副交感神経が働きます。


体全体がリラックスして眠気も高まります。


眠れない時、意外な気がするかもしれませんが、
一度電気をつけて
部屋を明るくするのも良いかもしれませんね。


電気代は別にして、
部屋が明るくないと眠れないという方は
理にかなっているわけです。


今まで、こわがりだと言われ、
くやしい思いをしてきた方・・・。


おめでとうございます(笑)。
posted by ミスター★ヒコボシ at 19:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

理想の睡眠時間とは?

世間一般に、長く眠れば良いというものではないと、よく言われますよね。
理想の睡眠時間は8時間?7時間?


先日、個人差はありますがノンレム睡眠とレム睡眠の1サイクルは約90分と申し上げました。
その個人差を見極める方法があります。


寝る前に沢山の水を飲んで下さい。
就寝した時間から
睡眠中にトイレに行きたくなって目覚めた時間までが、
眠りの1サイクルの所要時間です。


このサイクルの倍数で目覚ましをセットすれば、
バッチリ、スッキリと目覚める事が期待出来ます。


いくら沢山水を飲んでも、
朝までトイレになんか行かないと思っている方は
眠りのサイクルなんて知る必要ないですよね。


だってしっかり眠れている訳ですから(笑)・・・。
posted by ミスター★ヒコボシ at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

そもそも睡眠とは?

ご存知の方も多いと思いますが、睡眠はレム睡眠と
ノンレム睡眠の2つから成り立っています。


レム睡眠  

大脳が起きているときに近い状態で体は弛緩しています。
冷えた脳の温度を上昇させる役割があります。


ノンレム睡眠 

心身ともにグッスリと眠っている、いわゆる熟睡状態。
体温や脳の温度、血圧などを下げて、大脳が休息しやすい
環境をつくる役割を果たしています。


レム睡眠とノンレム睡眠の1サイクルは、個人差はありますが、
約90分と言われています。


大脳が起きているレム睡眠の直後に起きれば、目覚めバッチリです。


睡眠時間が90分の倍数になる様に、目覚ましをセットするとよいでしょう



posted by ミスター★ヒコボシ at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

腹式呼吸でリラックスしましょう!

腹式呼吸とは、横隔膜の上下運動によっておこなわれる、深くゆっくりとした呼吸です。
気持ちを落ち着け、体をリラックスさせてくれます。

寝る前に、腹式呼吸を5分程行うことで自律神経が整い、リラックスした状態で眠れます。
楽しいことを思い出しながら(無理やりにでも(笑))行なうと効果バツグンです。

腹式呼吸法

1)お腹がペタンコになるまで、ゆっくりと、あくまでゆっくりと口から
 息を吐ききる。

2)鼻から一気に息を吸い込み、出来る限りお腹をふくらませる。

1)と2)を交互に8回ずつを1セットとして、
ご自分の好みで数セットやってみて下さい。


きっとあなたを深い眠りへと導いてくれるでしょう。



posted by ミスター★ヒコボシ at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

自律神経とは?

自律神経は、息を吸う時に作動する交感神経と
息を吐く時に作動する副交感神経の2つから成り立っています。

交感神経は緊張の神経と言われており、
副交感神経はリラックスの神経と呼ばれています。

ため息をつくな!とよく言われますが、
息を吐いている状態ですので、
立派なストレス解消になっているのです。

だからといって所構わずため息をつかないで下さいね(笑)。
最低限のマナーは大事ですので・・・。

posted by ミスター★ヒコボシ at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

ちょっと意識して笑いませんか?

あんまり意識して、逆にストレスがたまると大変ですので、あくまで、ほんの少しだけ意識して笑いませんか?

1日1回は大きな声で笑いましょう!

悲しいときでも鏡の前で、笑顔をつくってみましょう!
(とことん悲しい時は無理せず、思いっきり泣きましょう。泣くこともストレス解消になります。)

好きなことや楽しいことを進んでやりましょう。
(就寝前に楽しい事を思い出すのも、快眠には有効ですよ!)

漫才、寄席、映画等を活用して笑う様にしましょう!

一歩進んで、人を笑わせることを考えたりする事で、
自分自身も楽しくなります。
posted by ミスター★ヒコボシ at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

ストレス解消には・・・・・。

なんじゃそれ?と思うかもしれませんが不眠につながるストレス解消の最も簡単な方法は笑うことです。

笑うことは簡単で、だれにでも出来て、効果は抜群です。
実際に多くの研究で、笑うことと免疫力のアップの関係は実証されています。
免疫力をアップさせることで、ストレスをある程度排除させることが出来ます。

免疫力に関わりのある細胞に、NK細胞というものがありますが、
漫才を3時間みて大笑いした後のガン患者のNK細胞が、
漫才をみる前(大笑いする前)よりも上昇していたという報告もあるのです。


そう考えると、つまらなくても笑えるオヤジギャグも
立派な?社会貢献ですよね(笑)。
posted by ミスター★ヒコボシ at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

女性の最大のストレスとは?

女性の最大のストレスは更年期障害といわれています。
閉経前後に卵巣の機能が低下すると、
エストロゲンなどの女性ホルモンが急激に減少して更年期障害を引き起こします。


更年期障害では、イライラ、うつ状態、めまい、肩こり、腰痛、のぼせ、頭痛、骨粗しょう症などの不快症状に加え、
閉経によって女性としてのアイデンティティーが揺らいで、
精神的に不安定になり、不眠につながる事も
少なくない様です。
posted by ミスター★ヒコボシ at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

爆睡したいですね!

不眠の最大の原因は、やはりストレスでしょう。
ストレスを引き起こすストレッサー(ストレス要因)には以下の様なものが
あると考えられています。

物理的ストレッサー

冷暖房による急激な温度変化、様々な騒音等

化学的ストレッサー

大気汚染、タバコの主煙流、副煙流、アルコールの摂取等

生物的ストレッサー

ウイルスや細胞感染

心理的ストレッサー

怒り、悲しみ、不安、緊張等

社会的ストレッサー

職場、学校における人間関係のトラブル等・・・・。

特に

最後の社会的ストレッサーは、

一行では簡単に記せない程

複雑ですよね。

学校での、いじめ問題

会社でのパワーハラスメント等

年々根深くなっており、

解決の糸口が見えてこない為

大きな社会問題になっています。

各々が自分なりのストレス解消法を

見出すしか仕方ないのですかね。



posted by ミスター★ヒコボシ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策

ストレスからくる不眠

中高校生/不眠4人に1人、成人を上回る 10万人調査


少し前に、こんなニュースが飛び込んできました。悩み多き年頃とはいえ、ちょっと異常ですよね。

やるせない気持ちになりました。

私達の年代以上に不眠が多いのは正直驚きでした。

では成人はどうなのかといいますと、5人に1人はストレスからくる不眠に悩んでいるらしいです。
2家族に1人は不眠に近い状態の悩みを抱えていると考えても良い様な状況ですね。

悩みを少しでも解消して頂く為に、まず不眠につながる原因から考えていきたいと思います。


posted by ミスター★ヒコボシ at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不眠対策
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。