プロフィール
名前:ミスター★ヒコボシ
性別:男
職業:会社員
一言:宜しければこちらのブログも覗いて見て下さい!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
美しい髪の為に必要なヘアケアとは?

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/女性向けファッション雑誌一覧

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

女性向けファッション雑誌一覧

ティーンズ誌
ローティーン向け

ピチレモン
ラブベリー
nicola(ニコラ)
Hanachu(ハナチュー)
ティーンズ一般

SEVENTEEN(セブンティーン)

ストリート・裏原宿系
Zipper(ジッパー)
CUTiE(キューティ)
PS(Pretty Style)(ピーエス)
JILLE(ジル)
mini(ミニ)
SEDA(セダ)

パンク・ロリータ・ゴスロリ
KERA(ケラ)

カジュアル系
sweet(スイート)
non-no(ノンノ)
anan(アンアン)
mina(ミーナ)
PINKY(ピンキー)
soup.(スープ)
spring(スプリング)
InRed(インレッド)

ギャル系
Popteen(ポップティーン)
egg(エッグ)
Cawaii!(カワイイ)・S Cawaii!(エスカワイイ)
BLENDA(ブレンダ)
ES POSHH!(エスポッシュ)
Ranzuki(ランズキ)
JELLY(ジェリー)
GISELe(ジゼル)
GLAMOROUS(グラマラス)
GLITTER(グリッター)

Bガール系
LUIRE(ルイール)

お姉系(赤文字系)
CanCam(キャンキャン)
ViVi(ヴィヴィ)
JJ(ジェイ・ジェイ)
Ray(レイ)
Anecan(姉キャン)

一般OL系
MORE([1])
with(ウィズ)
Oggi(オッジ)
LUCi(ルーシィ)
style(スタイル)
BOAO(ボアオ)
SAY(セイ)
Steady.(ステディ)

お嬢さんOL系
MISS(ミス)
CLASSY. (クラッシィ)

ゴージャス・セクシー系
NIKITA(ニキータ)
25ans(ヴァンサンカン)

ハイファッション・モード系
装苑 (そうえん)
流行通信(りゅうこうつうしん)
High Fashion (ハイファッション)
GINZA( ギンザ)
SPUR(シュプール)
FUDGE(ファッジ)

30代向け
VERY(ヴェリィ)
LEE(リー)
DOMANI(ドマーニ)
BAILA(バイラ)
NIKITA(ニキータ)

40代向け
Precious(プレシャス)
GRACE(グレース)
STORY(ストーリィ)
Grazia(グラツィア)
marisol (マリソル)

50代向け
家庭画報(かていがほう)
婦人画報

海外誌の日本版
ELLE JAPON(エル・ジャポン)
Harper's BAZAAR(ハーパース・バザー本国)
VOGUE NIPPON(ヴォーグ ニッポン)(ヴォーグ本国)
marie claire(マリ・クレール)
NYLON JAPAN(ナイロン ジャパン)NYLONの日本版

ウエディング(ラグジュアリー系)
GRACEFUL Wedding(グレイスフル・ウエディング)
25ans ウエディング(ヴァンサンカンウエディング)

ウエディング(一般系)
ゼクシィ(ゼクシィ)
City wedding

過去に刊行されていたファッション雑誌
COSMOPOLITAN(コスモポリタン)本国)
CANDy (キャンディ)
melon(メロン)
プチセブン
エムシーシスター(mc Sister)
Olive(オリーブ)
bis(ビス)
La Vie de 30 ans(ラ・ヴィ・ドゥ・トランタン)
ミセス
posted by ミスター★ヒコボシ at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/男性向けファッション雑誌一覧

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

男性向けファッション雑誌一覧

10代・学生向け
カジカジ
Mst(メンズストリート)
COOL TRANS(クールトランス)
Samurai(サムライ)
Samurai ELO(サムライ・イー・エル・オー)
street Jack(ストリートジャック)
smart(スマート)
CHOKi CHOKi(チョキチョキ)
BiDaN(ビダン)
FINEBOYS(ファインボーイズ)
Men's egg(メンズエッグ)
Men's knuckle(メンズナックル)
WOOFIN'(ウーフィン)
GET ON!(ゲットオン)

20代向け
Men's JOKER(メンズジョーカー)
MEN'S NON-NO(メンズノンノ)
MEN'S CLUB(メンズクラブ)
POPEYE(ポパイ)
smart MAX(スマートマックス)
Gainer(ゲイナー)
GQ JAPAN(ジーキュージャパン)
HUgE(ヒュージ)
KING(キング)
かつて戦前に発売されていた「キング」とは別のもの。

30代以上向け
LEON(レオン)
BRIO(ブリオ)
Men`s Ex(メンズイーエックス)
UOMO(ウォモ)
Safari(サファリ)
SENCE(センス)

地域限定ファッション雑誌一覧
SpyGirl(女性向け地域限定ファッション誌)
東海スパイガール
関西スパイガール セレクト
スパイガール スタイル 九州版
SpyMaster(男性向け地域限定ファッション誌)
スパイマスター 東海版
スパイマスター 関西版
スパイマスター 九州版
High‐STYLE(男性向け地域限定ファッション誌)
ハイスタイル 東海版
COLOR(仙台都市圏の若者向けファッション誌 [2]。仙台経済圏で販売されている)
Kappo仙台闊歩(仙台経済圏の高級ファッション誌[3])

posted by ミスター★ヒコボシ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/ファッションモデル/種類/概要

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

ファッションモデル(fashion model)とはファッション雑誌や広告(宝石やファッションブランドなど)、アパレルカタログの被写体になったり、ファッションショーで衣服を着せられステージに立つモデルである。

種類
ファッションモデルには、大きく分けて以下の三種類がある。
ハイファッション:ファッションショーの出演や、ファッション雑誌のメインページ、有名ブランドの広告キャンペーンなど。
コマーシャル:アパレル会社のカタログやパンフレット、広告、ウェブサイトなど。
パーツ:首まわり、指先、脚など部分撮り専門のモデル。身体の一部分に飛び抜けた魅力が要求される。 俗に「手タレ」などと呼ばれる。

概要
雇用形態にはモデル事務所への所属や、ファッション雑誌の専属などがある(専属モデル(せんぞくもでる))。ファッションモデル業界は世代交代が激しい為、ファッションモデルの寿命は5年から長くて10年程度だと言われており、その後は俳優への転身をはかる場合が多い。だがケイト・モスの様に10年以上もカリスマ性を放ち、スーパーモデルとして活躍するモデルも稀に存在する。

また日本のファッション雑誌では、1990年代以降、ストリートの流行をすばやくキャッチし制作コストを下げる目的もあって、ストリート系のファッション誌を中心に、プロのモデルではなく街頭スナップや読者モデルを多く取り入れるようにしている。このためモデルは出演料の低下に悩むことになり、プロフェッショナルモデルの減少に繋がった。

ファッションモデルは、高身長で頭部が小さく痩身というイメージがあるが、プロポーションがよければ広告や雑誌などではとくに高身長は要求されない。一方、ファッションショ ーはライブで行われるため、カメラでの細工は不可能で遠くから見ても存在感が必要になり、観客にインパクトを与えなくてはならない。そのため、日本では女性で身長170センチ以上(海外ブランドでは175センチ以上とも)、男性で 180センチ以上が必要といわれる。また、カタログでも全身を写すため高身長のほうがよいといわれる。

なお、パーツモデルの場合は身体の一部分にのみ突出した美しさが要求され、身長やプロポーションは問われない。代わりに傷がついたり怪我をすると、モデルとしての価値が無くなってしまうため、日常生活に細心の注意を払っている。「手タレ」「足タレ」などという呼称は彼、彼女らがタレントではなくモデルであることから、ふさわしい呼称とは言い難く、本人達も嫌忌する傾向がある。

posted by ミスター★ヒコボシ at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/「やせすぎモデル」に関する出来事

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

「痩せ過ぎモデル」に関する出来事
事の発端となったのは、同年11月にブラジル人スーパーモデルのアナ・キャロリーナ・レストンがストレスによる拒食症が原因で、死亡した事を受けて、スペイン、イタリア政府が2006年12月に、「やせ過ぎモデルは、少女達に異なった思考を植え付ける。」とBMIが18以下のファッションモデルのファッションショー出演を禁止した事である。アナの死により痩せすぎが原因で死亡したモデル達が次々に発覚し、「痩せ過ぎ=不健康」という指摘が強まった。

痩せ過ぎているモデルのファッションショー出演禁止に賛成意見ばかりではなく、出演するモデル達の間でも賛否両論である。また、生まれつき太りにくく痩せているモデルもいることから、全ても規制することは難しく、基準を作ったとしても、痩せ過ぎ自体がすぐに改善されるわけではないという声が多い。


各国の反応と対応
イタリア 
16歳以下のモデルはファッションショーの出演禁止。 
BMI値が18以下のモデルは出演禁止。 
モデルは事前に健康診断書を提出しなければならない。 
最終判断は医師に任す。 
10代〜80歳までの女性8000人のサイズを測定し、「平均サイズ」の見直しを行った。  
アメリカ 
アメリカで活躍していたアナ・キャロリーナ・レストンが死亡した際に取り上げられた。大きなファッション市場を持つ国の1つであるが、規制はまだされていない模様。
日本 
日本が摂食障害の人が多い国であるという点から見ると、まだまだ「痩せている=美しい」という考えが根強いと思われる。その為にも、モデル達への対応が必要なのだが、今は各デザイナーに判断が任されており、厳密な基準は定まっていない。日本でも痩せ過ぎモデルに関するニュースは大々的に取り上げられているが、それが視聴者、ファッション業界に直接影響を与えているとはいえない。
posted by ミスター★ヒコボシ at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/ファッションモデル/用語・その他

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

用語・その他
BOOK(ブック)
個人写真帖のこと。自身が出演した雑誌のページに切り抜きなどを入れるもので、世界中のファッションモデルが持っている、ファッションモデルの常識中の常識である。自身がどのようなセンス、能力を持っているのか第三者に知ってもらう履歴書の様な役割があったり、ポーズの研究などにも使用する為、仕事の際は常に持ち歩いているほど、非常に重要なものである。
スーパーモデル 
世界的に有名なファッションショーに出演し、世界的に知名度、人気を得るモデルのこと。日本ではカリスマモデルと呼ばれる事が多い。私服は勿論、言動、私生活まで関心を集め、時にその言動は社会現象を起す。アメリカでは1990年代にスーパーモデルブームが起り、数々の人気モデルが輩出された。 

文献
トップモデル きれいな女の汚い商売 マイケル・グロス 吉澤康子訳 文春文庫
posted by ミスター★ヒコボシ at 09:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/服飾

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

服飾(ふくしょく)とは、人がその生まれたままの身体の上にまとう衣服、装身具(装飾品)などのすべて。それは時代や文化によって変わっていくもので、またそれぞれの民族の住む環境により、手に入る入らないといった問題や、そうした生活上の条件に左右されての美的価値基準もありさまざまな文化的多様性がある。またその流行の変化は、スカートの丈のように周期的に変化していくこともあるし、水着のように露出化の一途をたどって来たものもあり、一概にこう変わっていくと決め付けることは難しい。


服飾の変遷の原則
次のような原則で変遷される。 (日本の服飾の変遷については和服の項において説明)

環境適応の原則
服飾は自然環境によって変化する。洋装は亜寒帯で進化したもので、熱帯における洋装は明らかに不適合なため、上着の省略、ワイシャツの半袖化等が起こってきている。
内因優越の原則
自分のしたい服飾(内因)をするため江戸時代の倹約令や学校の校則(外因)を出されてもなかなか従わない事。
漸変慣化の原則
だんだん変化させていけば少しずつ見慣れてくるという原則。スカートが輸入された当時はすそはくるぶしまであったがだんだん短くなってきていて、今ではミニスカートが通常服飾へと変化していること。
逆行変化の原則
服装には自然発生的なものと人為的発生なものがある。
自然発生的なものは機能的である、しかしだんだんと権威をあらわすために装飾が増え、重くなリ、形式もできて、礼装へとなる。
人為発生的なものは形式的で装飾的である。しかし窮屈なためだんだん簡易的になり軽装化する。
これらの流れは交互に繰り返されることが多い。
模倣流動の原則
服飾は模倣によって変化する。雑誌やテレビなどにより流行を確認して取り入れること。
競進反転の原則
服飾がだんだんと華美になっていって、極端な形になると転換して質素になるか消滅するもの。ルーズソックスのたけの長さがだんだん長くなり太ももの上まできたら、流行が終わっていた事や、バロックからルネッサンスへの移行などがある。転換したからといって苗のように戻るわけでもない。
表衣脱皮の原則
表衣がなくなり、下着だったものが表衣化する変化のことである。十二単から小袖へ移行する様や背広の下着だったワイシャツが表衣になる事などがある。
形式昇格の原則
庶民の文化が貴族服飾へ反映されて礼装化される様。狩衣、直垂、裃、の礼装化がこれにあたる。
系列分化の原則
長く使うことでだんだん細分化される様を言う。羽織から半天、法被が分かれるようなこと。
不用退行の原則
袖のボタンやスーツのえり部分などはどうしてあるのかがわからなくなってきている。そのためだんだん省略されつつある。
停滞残留の原則
山間部や離島部など文化の流入が少ない地域には昔からの服飾が残っていることがある。(とある地方でヤマンバルック、長ラン、くるぶしスカートがまだ顕在なことを確認)


posted by ミスター★ヒコボシ at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/洋服

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

洋服(ようふく)とは、ヨーロッパの民族衣装を基本にした衣服を指す。

明治維新以降、日本政府は欧米化の一環として着用を奨励したが、戦前は庶民層は和服を着用し、サラリーマン層でも、職場では洋服を着用しても、自宅では和服を着用することが多かった。

戦後は、冠婚葬祭以外で和服を着用する機会は少なくなる。第二次世界大戦中に、婦人が着用を義務付けられた和服のもんぺの機能性の悪さが認識されたことと、戦後混乱期に衣料市場が空白になり、そこにアメリカの援助物資の洋服が流入したことが原因である。それでも、1960年代までは男性の家庭でのくつろぎ着としての甚平などの着用は珍しいものではなかった。

現代では、西欧文明と対等の権利を主張する中東諸国や、独自文化の維持を政策にするブータンを除き、ほとんどの国で民族衣装を追い払っている。ただし、ビジネスマンの衣服として普遍的になった背広は夏でも20度を越えることがあまりない西岸海洋性気候に合わせた衣装であり、蒸し暑い夏の日本や、熱帯諸国で着用を普遍化するのは無理がある。そのため、アロハシャツなど熱帯に対応した洋服を略礼服として採用しようという意見もある。(かりゆしウェアなど)

和服は直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるが、洋服は曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。



posted by ミスター★ヒコボシ at 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/背広/語源

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

背広(せびろ)とはスーツ (suit) 一般(主としてビジネス用)を指す言葉で、男子が平服として用いる洋服。共布で作った上着とズボンが一組となったものをいい、更に共布のウェストコート(チョッキ、米語ではヴェストvest)を加えたものは「三つ揃い」という。上着の下にワイシャツを着用し、ネクタイを結ぶ。また、単に上衣のみをいうこともある。

語源
語源については、次のような諸説がある。

英語の軍服に対比される市民服「シビル・クロウズ」(civil clothes)が訛ったという説。
背広服を売り出したスーツの発祥地でもあるロンドンの仕立屋街「サヴィル・ロウ」(Savile Row(英語版))が訛ったという説。
モーニングコートの背幅が細身で狭いのに対して、背幅が広かったから背広と呼んだ、仕立て職人の慣用語から一般化したという説。
紳士服の源流である燕尾服に用いられるテイルコートは、背面から見たときに背の部分が広く見えるため、という説。
posted by ミスター★ヒコボシ at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/背広/沿革

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

イギリスでラウンジ・スーツ(Lounge Suit)、アメリカでサック・スーツ(Sack Suit)と呼ばれ、19世紀に登場したもので、当初はレジャー用だった。しかし19世紀の末から20世紀の初頭にかけてアメリカのビジネスマンがビジネスウェアとして着用し始め、その後世界的に普及した。

元々スーツの元祖である正統派スーツはスリーピース・スーツであり、英国で生まれたスーツは貴族紳士の嗜みとされていた。アメリカ人も入植初期の頃はイギリス様式そのままのスリーピーススーツを着用し、シングルなど存在しなかった。シングルやダブルは正統派スーツを簡略化したもので着用様式も簡略化したものである。

日本では幕末末期〜明治時代以降着られるようになる。その頃のスーツはイギリス製、アメリカ製、フランス製が主流だったが、当時はスリーピーススーツしかなかったので当時の日本人が着たスーツはいずれもスリーピース・スーツであった。但し、着用したのは専ら政治に関連する者(学者や国政に関与する政治家や政府役人)で、大半の日本人は和装が主流だった。

今現在でもこの風潮が残っており、市民階級のビジネスマンはシングルでも良いが、国家に近い公務員や特に国家公務員や学者はスリーピーススーツを好んで着用する風潮がある。

制服(軍服)としては、長らく立襟型のジャケットが用いられてきたが、市民服としての背広の一般化に伴い、制服として背広型が採用されることも多くなってきた(詳細については軍服・学生服の項も参照)。

第二次世界大戦以降は、2つボタンが主流であったが、1990年代頃より3つボタンも再度普及する。

日本ではバブル期にダブルが流行した。現在は若い世代を中心にシングル3つボタンが主流。中年以上の世代ではシングル2つボタン、ダブルもしばしば見受けられる。ダブルには身体を大きく見せる効果があるため、現在でも教師や警察官、官僚など、他人より優位に立つべき職種に就く人々に好まれる傾向にある。また、暴力団関係者などは威圧感を高める為にダブルを着用することが多い。1990年代中頃からはマオカラースーツを着用する暴力団関係者も増えている。


今上天皇のダブルの背広なお、歴代天皇の背広姿には特徴がある。昭和天皇は1921年(大正10年)の洋行以降、平常時は背広を着用するようになった。昭和天皇の背広は、三つ揃いで、上衣はシングルのものが主流であった。これは昭和天皇が親王時代の、教養ある紳士の代表的な背広姿である。後に三つ揃いがすたれるようになってきても、昭和天皇はこの服装を守り続けた。今上天皇は、ダブルの上衣を愛用している(タキシードもダブルで剣襟のものを愛用する)。徳仁親王は、ウェストコートなしのシングルの背広を主に着用するが、ブレザー姿も比較的見られる。これらの服装の変遷は、その人の育った時代の服装の影響を受けている点で注目に値する。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/背広/細部

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

細部

下襟(ラペル)と上襟(カラー)からできている。ノッチドラペル(菱形襟)・ピークドラペル(剣襟)・ショールカラー(へちま襟)・マオカラー(立ち襟)等がある。シングルはノッチドラペル、ダブルはピークドラペルが本来の形状だが、現在はどちらも関係なく使用される。
フラワーホール
左襟のみ又は両襟に第一ボタンの名残の穴がある。これがフラワーホールであり、勲章の略綬や各種記章、花などを挿す。ノッチドラペルは左襟のみ、ピークドラペルは両襟にあることが多い。
ボタン
材質はプラスチックや金属、貝殻、動物の角、植物(椰子など硬質なもの)など様々。前打合せのボタンの数はシングルが1〜4個、ダブルが2~6個。ダブルは4つボタン1つ掛け、6つボタン1つ掛け、4つボタン2つ掛け、6つボタン2つ掛け、6つボタン3つ掛け、2つボタン1つ掛けに分かれる。シングル、ダブル共に2つ掛け以上の場合は最下部のボタンを外すのが正式。しかしバランスの問題からか、ダブル6つボタン2つ掛けの場合のみ全てのボタンを留めるのが現在の主流となっている。
腰部(ウエスト、waist)の絞り
ダーツ(dart)によって腰部を絞る。
裾丈
前も後ろも腰丈まで。そもそも、前後裾とも長いフロックコートの前裾が簡略化されてモーニングコートとなり、モーニングコートの後裾が簡略化されて背広型となった。モーニングコートの名残で、シングルの背広の場合、前裾が丸く切られているものが多い。
ベント(vent)
馬乗り用の後裾の切込み。ないのがノーベント、中央に一本がセンターベント、両脇にあるのがサイドベンツ、また鍵状となっているフックベントもある。シングルには全て使われるが、通常ダブルにはセンターベントは使われない。現在は全体的にサイドベンツが主流となりつつあるが、細身のスーツにおいてはセンターベントが主流である。なお、「ベント」(vent)は単数形なので、切れ目が複数の場合は「ベンツ」(vents)となる。
袖ボタン
袖口に付いているボタンで、数は1〜4個。シングル2つボタンであれば3個、ダブル6つボタンであれば4個と、ジャケットのボタン数(ダブルは全ボタン数の半分)より1つ多い個数を付けるのが通常。例外としてシングル4つボタンの場合、袖ボタンが5個では数が多くバランスが悪くなるため、袖ボタンの数は4個が普通である。また、シングル1つボタンやダブル2つボタンの場合も、バランスの問題からか袖ボタンは4個であることが多い。
本切羽
袖のボタンが開閉できるようになっている仕様。医者が手術の際、腕まくりをし易く工夫したのが始まり。
材質
表地は羊毛(ウール)が多い。それ以外に化学繊維(ポリエステルなど)等が混紡されたものや、麻(夏物に多い)、木綿、絹(シルク)のものもある。
ズボン(英語trousers、米語pants)
ベルト(belt)又はズボン吊り(英語braces、米語suspenders)を使用する。スリーピース・スーツの場合はズボン吊りを使用するのが正式。
ノーフォーク仕様



posted by ミスター★ヒコボシ at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/背広の一般化

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

背広の一般化
20世紀半ばの礼装の簡略化に伴い、従来はモーニングコート、ディレクターズスーツ又はタキシードを着用すべき場合にあっても、黒色を含むダークスーツで許される場合が増えている。

例えば、勲章等着用規程(昭和39年総理府告示第16号)第3条により、宝冠藤花章以下の宝冠章、旭日小綬章(旧勲四等)以下の旭日章、瑞宝小綬章以下の瑞宝章、褒章又は記章を着用する場合には平服に着用することができるものとされている。ここにいう平服とは背広服をいう。

但し、大綬章の副章、中綬章以上の勲章及び文化勲章を着用する場合にはフロックコート等に、頸飾及び大綬章以上の勲章を着用する場合には燕尾服等に着用することができる。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/ブレザーの起源

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

ブレザー(英Blazer)とは、背広にネクタイタイプの制服を指す。金属製のボタンが用いられること、胸のポケットに揃いのエンブレムが施されること、耐久性のある生地で作られていることが特徴である。

学校、航空会社、ヨットクラブ、セキュリティ会社、スポーツ大会に出場する選手団などの制服、ユニフォームとして用いられることが多い。何れも目的はスタイルによる視覚的な統一性の向上にある。  日本で初めて向上高校がブレザースタイルの制服を導入し、当時新聞等でも取り上げられるほど有名になった。

近年になって、この統一されたスタイルと言う枠組みから逸脱して、アイビーファッションなどにおいてカジュアルな服装としても用いられるようになってきた。

ブレザーの起源
ブレザーの起源は以下の2つが知られている。


軍艦ブレザー号
1837年に、英海軍の軍艦ブレザー号(HMS Blazer)が当時の女王ヴィクトリアの観閲を受ける際に、ブレザー号の乗組員全員がネイビーブルー(群青)のダブルのスーツで揃えて観閲に臨み、これを見た他の艦でも制服として採用し始めた。こちらがダブルのブレザーの起源である。


燃えるような真紅
一方1877年頃、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の対抗レガッタにおいて、ケンブリッジ大学のボート部がユニフォームとして燃えるような(Blazer)真紅のユニフォームとして採用したのが、シングルのブレザーの起源とされている。



posted by ミスター★ヒコボシ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/ブレザー/細部

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

細部

エンブレム
胸ポケットの部分に所属組織のエンブレムがワッペン若しくは刺繍で施される。このエンブレムも統一性を高める効果がある。


ボタン
ボタンの数は2つが一般的である。一番下のボタンは閉じないのが一般的である。ボタンは金属製で、金、銀などのメッキが施される。



当初のブレザーの色は、ネイビーブルーが一般的であったと考えられている。

ブレザーは何らかの組織のスタイルを統一するために用いられるため、用いられる色は非常に重要である。ブレザーの配色には、ナショナル・カラーなどの所属する組織を体現する色が用いられる場合が多い。


パンツ
ブレザーはユニフォームとして用いられる場合が多いため、これに合わせるパンツも統一されたものとなる。大抵の場合、紺や、グレーのスラックスである場合が多いが、半ズボンやハーフパンツで合わせる場合もある。

ブレザーがカジュアルに用いられるようになるとジーンズを併せるスタイルも誕生した。ブレザーとジーンズの組み合わせを編み出したのは、アメリカのポップアート・アーチスト、アンディー・ウォーホルといわれている。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/いろいろなブレザー

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

いろいろなブレザー

審判ブレザー
アメリカメジャーリーグや日本のプロ野球、アマチュア野球の審判員が着用するブレザーは、現在は色が濃紺でサイドベンツ、パンツはグレーが一般的。左胸のパッチポケットにリーグのエンブレムが付く。メジャーリーグでは1970年代にワインレッドのブレザーとパンツが着用され、日本のプロ野球でも、パ・リーグが1978年シーズン途中から1992年までは青のブレザーとパンツを着用した事があった。

そのほかの機能としては、両肩がノーフォーク仕様で両ポケットがボール袋を兼ねて大型に設計されている事である。以前は背バンドが入っていたが、現在は入っていないのが主流である。また、ブレザー全体に撥水加工が施された物もある。

しかし、現在の野球試合では、ブレザーを着用して裁く事は少なくなり、専ら塁審、外審はブルゾン(ジャンパー)を着用しての審判で、球審だけ半袖シャツかブレザーというのが主流である。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服・着物・呉服の意味

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

和服(わふく)とは、日本在来の衣服のこと。狭義の着物と同義。近年では日本における民族服ともされる。

和服・着物・呉服の意味
洋服が日本で普及する以前は、日本人は衣服のことを着物(きもの)と呼んでいて、着物という言葉に日本文化と西洋文化を区別する意味はなかった。しかし明治時代以降、洋服を着る人が日本で増え始めたため、洋服と区別するために日本在来の衣服を和服と呼ぶようになっていった。現在一般的には、「着物」には2つの意味があり、1つめの意味は、和服である。「着物」と「和服」と「呉服」が同義語として使われることが多い。2つめの意味は、衣服である。裸の子どもに「着物を着なさい」というときの「着物」は衣服の意味だと解釈する人がいるが、そうではなく和服の意味だと解釈する人もいる。「着物を着なさい」の「着物」が衣服と和服のどちらを指すのかは、世代・方言によって違う可能性がある。

「着物」を漢字一つ一つに分解して、「着」は「着る」という意味で、「物」は「物」だから、「着物」には「着る物」という意味だけがあり、それ以外の意味はない、という意見があるが、これには反対意見がある。日本語では、熟語をさらに分解して文法上の構造にするようなことはしない。「着物」を漢字一つ一つに分解して、「着」が動詞で「物」が目的語だ、とはいわない。「着物」は熟語であるから、2つの漢字がセットとして扱われる。

呉服の語源は、中国大陸が三国時代のときに呉の織物や着物の縫製方法が日本に伝わったことにあるとされる。元々は絹製品を呉服、綿製品は太物(ふともの)と称し、昔は扱う店も別であった。

日本で和服という言葉が生まれる明治時代よりもずっと前の16世紀の時点で、日本人が日本の衣服のことを着物(Kimono)と呼んでいることをヨーロッパの人はすでに知っていた。現在も引き続き、英語・ドイツ語では日本で和服と呼んでいる物を Kimono と呼んでいる。Kimonoは、日本の和服だけではなく、東アジア圏全般で見られる前合わせ式の服全般を指すこともある。英語としてのKimonoの発音はカタカナで表すと「キモノ」よりは「カモノ」「カイモノ」に近い。

現在の一般的な日本語では、服飾とは、衣類と装身具を指す総称である。服飾は、和服にも洋服にも用いられる言葉である。


posted by ミスター★ヒコボシ at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服の特徴

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

和服の特徴
和服は、腰の位置で帯(おび)を結ぶことによって長着(ながぎ)を体に固定させる。腕の太さよりもずっと広い袖(そで)を持つ。長着や羽織では、袖のうち一部を縫ってあり、これにより袖口は袖丈よりも短かくなり、袖に袋状の袂(たもと)ができる。洋服の袖の特徴は、腕を細く包み、袖の中の空間的余裕が和服よりも少ないことである。洋服ではボタンや締め金を使って服の一部を固定するが、和服では帯や紐などで結ぶことによって固定する。和服に洋服のような開襟はない。和服の布地は、あまり伸び縮みしない。帯の材質は布である。帯に皮革が使われることはない。和服を反物から制作する作業において、反物を切る線のほとんどが直線であり、布の端と平行か直角に切られる。一方洋服を作るために布を切るときは、曲線をたくさん使い、和服よりも複雑な形状な布の部品を作る。和服と洋服では、服を作るために布を裁断した後に発生する、使わずに余った布の量と形に、違いがあらわれる。和服を作るために布を切った後、使わない布として余るのは、反物の端の長方形の部分を除けばごくわずかである。また、残った反物の端は長方形なので、別の目的に利用しやすい。洋服を作るために布を切った後に余る不要な布は、長方形でない布が多く、別の目的に利用しにくい。和服が伝統的な裁縫の方法により作られた場合は、縫いつけた糸を和服から後で取り除いて分解することを前提にして和服が作られる。切れやすい糸を使って和服を縫うことにより、縫った糸が布を引っ張って布を損傷する危険を減らす。切れやすい糸を使うことにより、和服を構成する各部の布を長持ちさせることができるが、衣服が身体を保護する力が低くなる欠点がある。


posted by ミスター★ヒコボシ at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/体型を隠す和服

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

体型を隠す和服
男性用・女性用とも、洋服を着たときは体の輪郭線に沿うように服が立体的に体を覆うが、和服を着た場合は、体の輪郭線は肩と腰だけに表れ、他の体の輪郭線は和服によってほぼ平面的に覆い隠される。女性用の洋服では、体の凹凸と輪郭線を立体的に強調するようなデザインや作りになっているものが少なくないが、一方で、女性用の和服では、体の凹凸が隠され、ずん胴になるような作りになっている。女性用の洋服では、胸元を服で覆わない作りになっている場合があるが、一方、女性用の和服では、胸元は服で覆われている。女性が和服を着るときに用いられる和装ブラジャーは、胸のふくらみを抑えて、平らに近づける働きがある。また、和服を着るときに、体のへこんでいる部分にタオルなどの布をあてることがある。和装ブラジャーと、体のへこんでいる部分にタオルなどの布をあてることの目的は、着用した和服が着崩れないようにすることである。このことは体の輪郭線を隠す結果になる。


posted by ミスター★ヒコボシ at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服の種類

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

和服の種類

和服を着た祇園の芸者と舞妓現在の和服には、大人の女性用・大人の男性用・子供用がある。男性用と女性用の和服のそれぞれに、正装・普段着・その間の服がある。基本的に男女両用の和服はない。和服を構成する要素には、肌襦袢(はだじゅばん)、長襦袢(ながじゅばん)、長着(ながぎ)、羽織(はおり)、伊達締め(だてじめ)、腰紐(こしひも)、帯(おび)、帯板(おびいた)、帯締(おびじめ)、袴(はかま)、足袋(たび)、草履(ぞうり)、下駄(げた)などがあるが、省略できるものもある。豪華な模様を持つものが多いのは、長着と帯である。

一般的な日本語では、実戦用の軍服は、和服とは呼ばない。日本の武士が実戦で着用した鎧などは、和服とは呼ばないし、外国の軍隊の兵士が実戦で着用する服は、洋服とは呼ばない。


posted by ミスター★ヒコボシ at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/女性用の和服

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

女性用の和服

女性用の正装の和服

結婚式で和服を着る日本人女性 (2004年6月)
雅楽の模様の黒留袖現在の女性用の正装の和服の基本はワンピース型であるが、女性用の袴は女学生の和服の正装の一部とされる。明治・大正時代に、学校で日常的に着る服として多くの女学生が女性用の袴を好んで着用し、女学生の袴姿が流行したことが、日本の文化として定着した。そのため、現在でも入学式・卒業式などの学校の儀式で袴を正装の一部として好んで着用する女学生がいる。 現在の女性用の正装の和服には、黒留袖、色留袖、振袖、訪問着、喪服などがある。黒留袖・色留袖・振袖・訪問着のいずれにも絵羽模様(えばもよう)がある。小さなパターンが反復された模様ではなく、和服全体をキャンバスに見立てて絵を描いたような模様が絵羽模様である。絵羽模様は、裁ち目のところで模様がつながっている。裁ち目のところで模様がつながっていないと、それは絵羽模様ではない。黒留袖・色留袖・振袖・訪問着は、基本的におめでたい儀式で着用される。留袖には、黒留袖と色留袖がある。黒留袖は、既婚女性用の正装である。色留袖は未婚、既婚、共に着られる。

黒留袖
既婚女性の正装、黒い留袖であり、通常5つの紋があり、豪華な模様は腰よりも下の位置だけにある。
色留袖
女性(未婚、既婚、共)の正装。色留袖には、紋がある。色留袖の中でも、5つの紋があるものが最も正装だとされる。宮中行事では、色留袖が正式とされている。黒留袖は民間の正装とされている。
振袖
未婚女性用の絵羽模様がある正装である。正式には五つ紋をつける。袖の長さにより、大振袖、中振袖、小振袖があり、花嫁の衣装は大振袖である。近年の成人式で着用される振袖は大方、中振袖となっている模様。
訪問着
女性(未婚、既婚、共)用の絵羽模様がある礼装である。
喪服
五つ紋付き黒無地。関東では羽二重、関西では一越縮緬を使用。地味な色無地に黒帯を合わせる色喪服もある。色喪服は参列者および遠縁者が着用、また回忌を重ねた上で着用。未婚、既婚、共に着用。
付け下げは、絵羽模様がないため、それほど正式な服装ではないとされる。儀式ではないパーティーなどで着用される。


posted by ミスター★ヒコボシ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/女性用の正装の和服を選ぶ基準

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

女性用の正装の和服を選ぶ基準
和服を着ることがすでに非日常と化している現在では、着る場面によって女性用の正装の和服を選ぶマナーとしての基準は、今後変わる可能性がある。着る場面によって和服を選ぶ基準のことを、俗に「和服のTPO」という場合がある。結婚式の披露宴で新婦が和服を着る場合は、たいてい振袖を着る。しかし、50歳代以上の新婦でも結婚式の披露宴で振袖を着ていいのかどうかは、意見が分かれる。振袖が適しているのは、未婚の若い女性に限られるという意見があるが、年齢は関係ないという反対意見もある。結婚式で新婦以外の女性が和服を着用する場合においては、新郎・新婦の母親は紋付の黒留袖を着ることが望ましいとされる。新婦以外の女性の既婚者の参加者が新婦と友達であった場合、和服を着用する場合は色留袖か訪問着が望ましいとされることが多い。しかし、場面によってどんな和服が適しているかの判断は、実際には難しい場合もある。母が離婚しても子の結婚式に出席するときの母の正装は黒留袖でよいとする意見があるが、反対意見があるかもしれない。新郎・新婦の既婚の姉妹は色留袖・黒留袖のどちらが望ましいのかという点は、意見が分かれるようである。


女性用の普段着の和服
女性用の普段着の和服には小紋・色無地・浴衣などが含まれる。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/男性用の和服

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

男性用の和服

男性用の正装の和服

岐阜県において神道形式の結婚式で和服を着る花婿と花嫁 (左が男性)男性用の正装の和服には、五つ紋付、黒の羽二重地、アンサンブル、縦縞の仙台平などがある。紋が付いた服(紋付)を着用する場合、足袋の色は白にする。草履を履くときは畳表のものを履く。履物の鼻緒の色は、慶事のときは白、弔事のときは黒にする。小物の色も同様に、慶事のときは白、弔事のときは黒にする。正装の度合いについては、紋付、羽二重、お召、無地紬の順で格が下がる。羽織を着るべき場面か、着なくてもいい場面かの判断は、洋服の背広やジャケットの場合に類似する。なお、茶会では羽織は着用しない。

現在の男性用の正装の和服を特徴づけるのは、長着、羽織、および袴である。アンサンブルは、和服の正式な用語としては、同じ布地で縫製した長着と羽織のセットを指す言葉だとされる。しかし、長着と羽織に違う布地を使って、男性用の正装の和服として長着と羽織をコーディネイトした服をセットで「アンサンブル」と称して販売されていることは多い。


男性用の普段着の和服
男性用の普段着の和服には色無地・浴衣・作務衣・甚平・丹前・法被(はっぴ)などが含まれる。男性用の普段着の和服では、羽織は着なくてもよい。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服/着付け

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

着付け
和服を着用させること、または和服を着用することを、着付けという。着付けには履物を履くことも含まれる。髪結いと着付けはセットで行なわれるが、髪結いは着付けの意味には含まれない。通常、髪結いは着付けより前に行なう。着付けには、自分一人だけで行なう方法と、他者に手伝ってもらいながら行なう方法がある。和服を着ることを、和装ともいう。着付けをする人を、着付師と呼ぶ。女性用の正装の和服の着付けは極めて複雑な手順・作業である。日本には、着付けを教えるための学校が全国に多数存在する。着付けの学校では、女性用の正装の和服の着付けを一般人に教える授業料と、着付けを手伝う手数料が、学校にとっての大きな収入源になっている。着付けの教科書が存在する。世界の中で、自国の民族服の着用の仕方を教えるための学校が全国に多数存在し、かつ着付けを教える人に資格を与えるという国は日本だけである。傘は、着付けにも髪結いにも含まれないが、和服には和傘が似合うという意見がある。



posted by ミスター★ヒコボシ at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服は右前

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

和服は右前
男性用でも女性用でも、和服を着る際、手を袖に通した後、右の衽(おくみ)を体につけてから左の衽をそれに重ねる。このことを、左よりも右を(空間的ではなく)時間的に前に体につけることから、右前という。右前のことを、右衽(うじん)ともいう。男女共に右前なのは、洋服と異なる点である。死者を葬るときに死者に着せる和服は左前にする。左前のことを左衽(さじん)ともいう。左前を生前に行なうことは非常に縁起が悪いことであるとされる。


右前にする理由
日本で和服をなぜ右前にするのか、またいつから右前にするようになったのかについては、諸説がある。時期については、『続日本紀』(しょくにほんぎ)によると、719年に、全ての人が右前に着るという命令が発せられた。一説によると、昔、武士が刀を腰に固定させて携帯していたことと、多くの日本人の利き手が右手だった、という2つのことが最初の原因であるという。現在の日本で右手が利き手の人が多いことは事実である。右利きの武士は、右手で刀を抜きやすいように、腰の左側に刀をさす。いざ戦闘が始まり、刀をさやから抜こうとするとき、もし和服を左前(右前の逆)に着ていた場合、抜こうとした刀が右の衽と胸の間に入ってしまい、刀が引っかかってしまうことがある。抜こうとした刀が服に引っかからないように、和服を右前に着るようになったのだという。左前にして着たために、抜こうとした刀が服に引っかかり、すばやく刀を抜いた敵に殺される可能性も十分考えられる。このような説があるわけだが、この右前にする理由から、左前から死が連想されるようになったのではないかという説もあり、また、このことは死者を葬るときに着せる和服は左前にするという風習と無関係ではないという説もある。


posted by ミスター★ヒコボシ at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服のたたみ方

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

現在の正装の和服には、男性用・女性用ともに、紋(もん)が描かれている。逆に、紋がない和服は、正装とはいえない。紋は、家紋をもとにした模様である。和服の紋は、直径が2cmから4cmくらいの円の中に収まるくらいの大きさで描かれる。正装と普段着の両方を含めると、和服の紋の数は、0、1、3、5のいずれかのみである。このうち一番紋の数が多い、5つの紋がついている和服が、これらの中で一番正装である。5つの紋がついている和服は、「五つ紋(いつつもん)」とも呼ばれる。紋が描かれる場所は、紋の数によって決まっている。

紋が5つある「五つ紋」

紋が3つある「三つ紋」

紋が1つある「一つ紋」


和裁(和服裁縫)
和裁とは、和服裁縫の略語であり、和服を制作することやその技術のことである。「和服の仕立て」ともいう。


和服の畳み方
ある決まった手順による和服の畳み方が標準的な方法として広く使われている。その標準的な方法以外はほとんど使われない。 「本だたみ」と言われる畳み方が一般的に普及しており、着付け方を紹介した本などにも多く取り上げられている。しかし、この畳み方を「本だたみ」とするには異論を唱える専門家がいることも事実である。 仮仕立てと呼ばれる仮縫いの状態を畳む畳み方(肩だたみなどと呼ばれる)は洋服を畳む時に似ていると言え、本だたみのような技術は要しない。(なお、この畳み方を本だたみであるとする専門家もいる) また、襦袢や羽織などは本だたみにしない。


posted by ミスター★ヒコボシ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服の洗濯の方法

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

和服の洗濯の方法
一般家庭には、正装の和服を洗濯する技術がない。一般的には、和服のクリーニングを専門に扱うクリーニング店に洗濯を依頼することが多い。正装の和服の洗濯の料金は高いので、正装の和服を洗濯する頻度は少ない。普段着の和服は、一般家庭で容易に洗濯できるものが多い。昔は、洗濯の際に和服の糸をほどいて分解して洗濯し、染み抜きを行い、洗濯が終わったら縫い直した。この洗濯方法を、洗い張り(あらいはり)または洗張(あらいはり)と呼ぶ。縫い直すときに、ついでに服の寸法を直すこともあった。これらの作業をする分、洗い張りの料金は高かった。しかし現在は、和服を分解せずにドライクリーニングで洗濯することが多い。


posted by ミスター★ヒコボシ at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/和服の普及率の衰退

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

和服の普及率の衰退
20世紀から現在までの日本を全般的に見ると、和服の普及率が衰退していることは疑う余地がない。衰退の主な原因として、正装の和服が非常に高価であること、着付けが極めて繁雑でわずらわしいこと、活動的な生活には不向きであり、実用性に欠けること、温度調節がしにくく、現代の日本、特に夏場の気候には不向きであることなどがあげられる。普段着の和服は、着付けが正装よりも簡単であり、大量生産されて安価な物もあるが、それでも現在、日本で和服を普段着としている人は非常に少ない。

七五三や成人式のような人生の晴れの節目の儀式・催事のときに正装の和服を好んで着用する人たちは今も少なくない。特に夏の花火大会で浴衣を好んで着用する女性は多い。また、普段着の和服がカジュアルなファッションとして再注目されつつある。安価な古着の和服を専門に扱う呉服店も出てきている。業務用や子供用では着付けのたやすい、帯で隠れる部分を境に上半身と下半身部分に分かれたセパレート型の和服や浴衣も開発されている。


posted by ミスター★ヒコボシ at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/現在も和服が主流の分野

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

現在も和服が主流の分野
個人の好みで着用するのではなく、職業・役割により現在も和服の着用が強く求められる場合がある。次にあげる場合は、職業・宗教により、正装または普段着の和服が主流である。

日本の仏教僧
神官・巫女など神道の聖職者
能楽・歌舞伎・日本舞踊・落語・雅楽・茶道・華道等伝統芸能の従事者
芸者と舞妓
相撲の取組の行司・相撲の取組で物言いを行う審判員(勝負審判)
力士が相撲の取組以外の場で正装するときの衣服
仲居(仲居は日本旅館・温泉旅館・日本料理店などで料理を運ぶなどの接客サービスを行なう職業である)
次にあげるスポーツでは、選手はそれぞれのスポーツの専用の和服を着る。これらのスポーツ用の衣服は、女性用の正装の和服が売っているような店では販売されていない(剣道・弓道具店、スポーツ用品店で発売)。

剣道
柔道
空手
合気道
弓道

posted by ミスター★ヒコボシ at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/縄文時代・弥生時代

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

歴史

縄文時代・弥生時代
縄文時代の日本の衣服については、ほとんどわかっていない。現在までに、縄文時代の土偶という、人に似た像が発見されている。しかし、とても人間とは思えないような顔つきをした縄文時代の土偶も発見されている。このため、発掘された土偶が当時の人々の衣服を写実的に表現してはいないのではないかと疑われている。

水田による稲作を特徴とする弥生時代がいつから始まったのか、諸説があり、よく分かっていない。弥生時代の日本の衣服については、ほとんどわかっていない。弥生時代に日本列島で書かれた書物は現在全く残っていない。

現在、『魏書』東夷伝の一部の魏志倭人伝は、昔日本列島に存在した国に関する記述ではないかと推測する人がいる。しかし現在、魏志倭人伝の記述の正確性が疑われている。魏志倭人伝は、日本列島で書かれたものではなく、3世紀頃の中国大陸で書かれたものである。魏志倭人伝に書かれた邪馬台国の位置は、魏志倭人伝に書かれている方角表記や距離表記をその通りにたどると、日本列島のはるか南方の海中になってしまう。『魏書』は、中国大陸の正史のひとつである。正史は、学術的な歴史書ではなく、むしろ政治の道具だった。現在、『魏書』の中には、嘘である可能性が非常に高い記述が見つかっている。


posted by ミスター★ヒコボシ at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/古墳時代・飛鳥時代

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

古墳時代・飛鳥時代
古墳時代の日本の衣服については、ほとんどわかっていない。7世紀の中頃までについては、日本列島で書かれた『古事記』と『日本書紀』、そして発見された古墳時代の埴輪だけが、古墳時代の衣服を知る上での考古学上の資料である。これらの資料から、男女ともに、上半身を覆う服と、下半身を覆う服の2つに分かれていたと推測されている。しかし『古事記』と『日本書紀』に服の図は書かれていないし、現存する当時の資料が極めて少ないため、わからないことが多い。古事記に書かれていることであっても、記述の裏付けとなるものがほとんど残っていないため、正確性は保証されない。埴輪のモデルには、指導者と推測される人、宗教に関わる人に見える人、武装している人が多い。また、埴輪が写実的なものである保証はないし、埴輪のモデルが埴輪が作られたときに日本列島に住んでいた人であることの保証もない。

603年に、聖徳太子が、すぐれた人を評価する冠位十二階を定めて、役人の位階によって冠の色を分けて、役人を区別した。ただし、『日本書紀』に冠位十二階を定めたときの記述があるものの、その記述中には、それを定めたときにどの位階にどの色を使って区別したのかが書かれていない。『日本書紀』に、服の図は書かれていない。

7世紀末ごろに、国号が日本と決められた。7世紀末から8世紀初めに作られた高松塚古墳の壁画が1972年から研究された。飛鳥時代の人々の姿が描かれたもので現在も残っているのは、高松塚古墳の壁画だけである。その壁画の一部に描かれていた男子と女子の絵と、『日本書紀』の記述が、飛鳥時代の衣服の考古学上の資料である。現在の研究者たちの報告によると、高松塚古墳の壁画の人物像では、男女ともに全ての衿の合わせ方が左衽(さじん)、つまり左前だったという。その壁画では、上半身を覆う服の裾が、下半身を覆う服と体の間に入っていないで、外に出て垂れ下がっているという。その壁画に描かれた服の帯は革でなく織物ではないかと推測されている。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/奈良時代

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

奈良時代
この時代の日本の衣服については、はっきりしたことはわかっていない。令義解、令集義解、『続日本紀』(しょくにほんぎ)、『日本紀略』(にほんぎりゃく)などの書物と、正倉院などに現在残っている資料が、奈良時代の衣服について研究するための主要な資料である。令義解・令集義解・『続日本紀』に、服の図は書かれていない。

701年に制定された大宝律令と、大宝律令を改めて718年に制定された養老律令には、衣服令が含まれていた。大宝律令は現在残っていない。養老律令も現在残っていないが、令義解と令集義解から養老律令の内容が推定されている。大宝律令と養老律令の衣服令により、朝廷で着る服が定義され、礼服(らいふく)、朝服(ちょうふく)、制服が定められた。現在、奈良時代の礼服は、「れいふく」ではなく「らいふく」と読む。養老律令の衣服令によると、奈良時代の礼服は、重要な祭祀、大嘗祭(おおなめのまつり、だいじょうさい)、元旦のときに着る服である。養老律令の衣服令によると、朝服は、毎月一回、当時朝庭と呼ばれた場所で朝会と呼ばれるまつりごとをするときと、当時公事と呼ばれたことを行なうときに着る服である。奈良時代の朝会は現在の朝礼の意味ではない。武官の朝服には、ウエストを固定するための革のベルトがあったと考えられている。奈良時代の制服は、特別な地位にない官人が朝廷の公事を行なうときに着る服であるという説がある。大宝律令と養老律令の衣服令は、朝廷と関わりのない庶民の衣服については定めていない。養老律令の衣服令によると、礼服・朝服・制服の形式・色彩は、それぞれの地位や役職によって違うものだった。

養老律令の衣服令によると、武官の礼服と朝服の規定に、位襖(いおう)が含まれていた。研究者達により、位襖は、地位によって違う色を使った襖(おう)であることがわかっている。位襖の服の形状は、襖と同一である。『古記』によると、襖とは、襴(らん)がなく、腋線の部分を縫わない服である。後の時代に闕腋の袍(けってきのほう)と呼ばれる服とこの時代の襖は、襴がない点と、腋線の部分を縫わない点が、共通している。

養老律令が制定された718年の時点で、文官の礼服を構成する物の中に、襴がついた服があったと推定されている。文官の襴がついた服は、後の時代に縫腋の袍と呼ばれる服の原形であろうといわれている。

奈良時代の服飾は、中国大陸の唐の影響を受けたものであった。この頃の中国大陸では襟の合わせ方は右前(右衽)だったという説が多い。『続日本紀』(しょくにほんぎ)によると、719年に行なった政策の記述の中に「初令天下百姓右襟」という文がある。「初令天下百姓右襟」の意味は、全ての人々は衿の合わせ方を右前(右衽)にしなさい、という意味である。

posted by ミスター★ヒコボシ at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/平安時代・鎌倉・室町時代

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

平安時代
この時代の日本の皇族・貴族の服飾については平安装束を参照。現在、平安時代の庶民の衣服についてはよくわかっていない。


鎌倉・室町時代
庶民が着ていた水干がもとになって直垂(ひたたれ)ができた。鎌倉時代、直垂は武家の礼服になった。室町時代へ入ると直垂は武家の第一正装となった。

大紋(だいもん)、素襖(すおう)が出現した。

女性用の衣服も簡易化の一途をたどった。裳(も)は徐々に短くなり袴へと転化、やがて無くなった(女子服飾のワンピース化)。この後は小袖の上に腰巻き、湯巻きをまとう形になった。小袖の上に丈の長い小袖を引っ掛けて着る打掛ができた。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/江戸時代前期

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

江戸時代前期

姫路城の千姫人形江戸時代になると一層簡略化され、肩衣(かたぎぬ)と袴(はかま)とを組み合わせた裃(かみしも)が用いられた。庶民の文化として小袖が大流行した。歌舞伎などの芝居が流行し、錦絵や浮世絵で役者の服飾が紹介されると、庶民の装いは更に絢爛豪華なものとなった。これに対して幕府は、儒教的価値観から倹約令にて度々規制しようとしたが、庶民の服飾への情熱は収まらず、茶の湯の影響もあって、見た目は地味だが実は金のかかっているものを好むようになった。

帯結びや組みひもが発達し、帯を後ろで結ぶようになった。


posted by ミスター★ヒコボシ at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/江戸時代後期

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

江戸時代後期
鎖国政策により、国外から絹を輸入しなくなったため、日本で使用される絹のほとんどは国産のものとなった。江戸時代に絹でありながら比較的安価な縮緬を着用する庶民もいたが、1783年から1788年頃にかけて天明の大飢饉が発生したため、幕府は1785年に庶民が絹製品を着用することを禁止した。庶民は木綿製もしくは麻などの衣服を着用した。

女子服飾は長い袂(たもと)の流行から婚礼衣装の振袖ができた。

1864年には、禁門の変を理由に長州征伐の兵を挙げた幕府が、その時の軍服を西洋式にすることを決め、小伝馬町の商人である守田治兵衛が2000人分の軍服の製作を引き受け、試行錯誤しながらも作り上げた。日本においての洋服の大量生産は、記録に残る限りこれが最初だといわれる。


posted by ミスター★ヒコボシ at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/明治・大正時代

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

明治・大正時代

1870年頃の和服の日本人女性明治時代になると、政府の産業育成の動きも手伝って、近代的な絹の紡績工場が建設され、絹の生産量が一層高まった。日本は開国したため国外との貿易が発展し、絹糸(生糸)と絹製品の輸出額は全輸出額のうち大きな割合をしめ、世界的に日本は絹の生産地とみなされるようになった。絹糸の大量生産にともなって、絹は他の商品と比べてそれほど高価ではなくなった。女性の和服に様々な種類の生地が用いられるようになった。それに伴い絹織物も、縮緬・綸子・御召・銘仙など種類が増えた。出来上がった生地は染色技術の発達により二次加工され、いままでにない友禅文様が可能になった。絹の小紋染めの流行は、江戸時代から引き続き、伝統的な晴着として大いに人気を集めたが、あらかじめ先染めの糸で文様を織り出した縞や絣も好まれた。

明治時代以降、華族や西洋の外国人と接する機会の多い人々は比較的早く洋服が定着した。政府の要人の場合は、洋服を着ることにより、日本が西欧の進んだ科学技術を学び近代化をめざす意欲を西洋の外国人にアピールし、交渉などを有利に進める目的があったといわれている。庶民は、洋服がまだ高価だったことや、伝統への美意識やこだわりなどから江戸時代以来の生活の様式を保持し続けた。西洋からの服飾の輸入がなされ、間もなく日本国内でも洋服がつくられるようになった。以前は日本在来の衣服を「着物」と呼んでいたが、もともと着物には服という意味しかない。そこで洋服と区別するために、以前「着物」と呼んでいた服を「和服」と呼ぶようになった。

洋服が登場し始めた頃は、貸衣装屋から洋服を借りて着用するのが普通だった。明治時代には洋服は主に男性の外出着や礼服であり、日常はほとんど和服が使われた。小規模ながらも各地に洋服の貸し出し店や洋服販売店ができるようになった。

1871年に陸軍や官僚の制服を西洋風に改めることを定めた天皇の勅諭(太政官布告399号「爾今禮服ニハ洋服ヲ採用ス」)が発せられた以後、警官・鉄道員・教員などが順次服装を西洋化していった。男性は、軍隊では軍服の着用が義務づけられたが、このときの軍服は和服ではない。また陸軍の軍服を規範につくられた詰め襟の学生服が男子学生の制服として採用されたが、これも和服ではない。

明治・大正時代に学校の内外で女学生が日常的に着る服として、女性用の行灯袴を好んで着用し、女学生の袴姿が流行した。袴は、和服である。これが日本文化として定着し、現在でも、入学式・卒業式などで、袴を正装の一部として好んで着用する女学生がいる。女性は華族や女子教育にあたる教員など一部を除きもっぱら和服であったが、大正時代後期から、女学校の制服にそれまでの袴に代えてセーラー服が採用される例が増える。セーラー服は、和服ではない。

日本の女性の衣服を洋服に変えていこうと主張・運動する女性たちがいた。1922年5月4日から11日までに開かれた生活改善講習会において、塚本はま子は「衣服の改善」という題の講習の中で、「現代社会に適合した美的且つ便利、経済的な改善を斬新的に行なっていくこと。方向としては洋服のみの生活を示唆している」と述べた。嘉悦孝子(1867-1949)が『經濟改善 是からの裁縫』(けいざいかいぜん これからのさいほう)(日本服装改善会出版部、1922年)の序文で「私は日本服装改善の到達点は、洋服か洋服に近いものであらうと存じます」と書いた。

1923年の関東大震災では、身体の動作を妨げる構造である和服を着用していた女性の被害が多かったことから、翌1924年に「東京婦人子供服組合」が発足し、女性の服装にも西洋化が進むことになる。


posted by ミスター★ヒコボシ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/昭和・1945年の終戦まで

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

昭和 1945年の終戦まで
1881年から1945年頃まで、日本の小学校の女性の生徒は、ある学年になると、和服などの服飾を作るための裁縫を授業で学んだ。この裁縫の教育の目的は、裁縫の専門家を育てるためではなく、また、女性が工場で裁縫の仕事ができるような技術を身につけるためでもなかった。この裁縫の教育の目的は、女性が家庭で自身や家族の衣服の裁縫ができるように、女性に和裁としての裁縫の基本的な技術を教えることであり、強く奨励された。当時は一般にミシンはなく、手縫いであった。

日本橋にあった「白木屋」デパート(旧・東急百貨店日本橋店の前身、現在の「コレド日本橋」)で発生した大規模火災で、和服を着ていた人々に被害が多かった。従業員の服装を西洋式に変更する百貨店が増えた。

1935年にアメリカ合衆国のデュポン社が、ナイロンという化学繊維を合成することに成功した。1939年頃からアメリカ合衆国でナイロンが工場で大量生産された。ナイロンは絹の代替品として使われたため、対外的な日本の絹糸・絹製品の輸出は減っていった。

1939年11月14日から1939年12月10日まで、日本政府は男性用の国民服の様式の案を広く一般から懸賞をつけて募集した。応募された案の審査が行なわれ、意見交換や様式の変更がなされた後、1940年11月2日に日本政府は、国民服令という勅令(法律の一種)を施行した。その国民服令の中で、男性用の正装の衣服として、国民服を定義した。国民服令は、男性用の正装の衣服以外の衣服については全く言及していない。国民服令の内容によると、国民服には「甲号」と「乙号」の2つのタイプがあった。国民服の甲号と乙号のそれぞれについて、「上衣」、「中衣」、「袴」(国民服令でいう袴は、下半身を覆う服の総称)、「帽」(帽子のこと)、「外套」(「がいとう」と読み、オーバーコートのこと)、「手套」(「しゅとう」と読み、手袋のこと)、「靴」の様式が決められた。上衣と中衣はともに上半身を覆う服である。上衣は、中衣を着た後に重ねて着る服である。上衣は開襟であり、中衣は開襟でない服である。全てのタイプの国民服は筒袖であり、ボタンで布を固定させるので、国民服令の国民服は和服ではない。

国民服令では、「礼装」をする場合、つまり儀式などで礼服を着る場合は、国民服の様式が細かく定められた。礼装しない場合は「適宜」とだけ指定される部分が増える。国民服の甲号で礼装する場合、上衣、「袴」(形は洋服のズボン)、帽子、外套の全ての色が「茶褐色」と決められた。礼装しない場合の国民服の甲号では、上衣と「袴」だけが茶褐色であり、他の部分の色は「適宜」とだけ指定された。礼装するときは必ず国民服の上衣を着た。国民服の中衣は肌着・下着ではないので、上衣を脱いだ状態でも外出できた。国民服の甲号の帽子は、礼装する場合は、ひさしがついた烏帽子型とされ、礼装しない場合は「適宜」とされた。国民服の乙号の帽子は、礼装する場合は、陸軍略帽型でもいいが他の帽子でもかまわないとされ、礼装しない場合は「適宜」とされた。国民服令によると、国民服は、正装かつ礼服であり、背広を着るような場面で着る服だと決められた。それ以外のときは、国民服を着る義務はなかった。国民服令により国民服が正装であると決められたので、結婚式で新郎が正装するときや葬式に出席するときは、男性は国民服で礼装した。

国民服令の条文には罰則がなかった。男性が国民服を着用する義務を規定する法律はなかった。男性の普段着に関しては自由だった。民間業者が工場で国民服を大量生産し、国民服配給会社が国民服を大量に配給した。裕福な男性の中には個々の体型に合わせて採寸して国民服が仕立てられたこともあった。国民服の日本国民への普及を目的とする、大日本国民服協会は、『国民服』という定期刊行物を出版、配布した。1945年の終戦までの間、生産される男性用の衣服は国民服ばかりになっていたうえ、本土決戦の機運が高まり、強制されなくても国民服を着る男性が増えていった。

1938年、『婦人公論』の誌上で、非常時女子服のコンテストが行なわれた。

1942年までに日本の当時の厚生省は、当時の女性用の衣服の改善方法を研究する目的で、懇談会・研究会を開いた。それらの会には、服飾を専門とする職業を持つ女性も参加した。1942年に厚生省は、女性用の新しい様式の服を婦人標準服と名付けて発表した。婦人標準服を定めた目的の一つは、材料の布を節約することだった。婦人標準服の着用が法律上の強制力を持つことは一度もなかった。婦人標準服に関して行政上の公的な文書として残ったのは、婦人標準服を定める前に書かれた次官会議諒解事項「婦人標準服制定に関する件」だけである。次官会議諒解事項「婦人標準服制定に関する件」は、どのようなデザインの婦人標準服が望ましいのかが書かれている文書であり、具体的な婦人標準服のデザインを決めた文書ではない。

婦人標準服には、洋服の特徴を持つ「甲型」というタイプと、和服の特徴を持つ「乙型」というタイプがあった。婦人標準服の甲型と乙型のそれぞれに、いくつかの様式の服の形が決められた。婦人標準服の甲型と乙型のそれぞれに、「活動衣」と呼ばれた、実用性を最優先させた様式が含まれていた。婦人標準服の甲型では、上半身を覆う服とスカートに分かれている様式と、裾がスカート状のワンピース型があった。乙型の服の一つとして、その頃に典型的だった女性用の和服の様式を、上半身を覆う服と下半身を覆う服に分け、袖丈を短くした和服があった。これは、上下に分かれたツーピース型の和服である。婦人標準服の甲型の活動衣の、下半身を覆う服は、両足を別々に包むスラックスだった。婦人標準服の乙型の活動衣の、下半身を覆う服は、もんぺの形だった。もんぺは、1930年代頃までは、北海道・東北地方で、防寒用、農作業、または普段着として使われた袴だった。袴の一種であるもんぺは和服であるといえる。スラックスともんぺはどちらも、左右の足を別々に包む下半身用の服である。もんぺの腰の部分にゴム紐がないのは戦争のせいでゴムが足りなくなったからだという説があるが、もともともんぺはゴム紐ではなく布の紐で腰を結ぶ服だった。

婦人標準服はほとんど普及せず、婦人標準服を考案した人たちの思惑は外れた。次官会議諒解事項「婦人標準服制定に関する件」の6番目の項目には、婦人標準服の制作が各家庭で行なわれることを前提にして、婦人標準服のデザインを決めるべきであるという旨が書かれていた。現在、戦争時に女性達が裁縫という労働を無理矢理させられて被害を受けたと主張する者がいるが、第二次世界大戦が始まる前から、家庭の女性が自身と家族の衣服を作ったり裁縫で修復することは日常的に広く行なわれていた。実際、婦人標準服は、工場で大量生産されることも、大量に配給されることもなかった。婦人標準服の生産は、各家庭の余剰布や古着を原料として、女性らが自家裁縫で婦人標準服に作り替え、自身や家族の服として着るという形だった。婦人標準服の制作が強制されることはなく、婦人標準服の制作は、各家庭の女性の判断にゆだねられていた。そのため、女性は婦人標準服を作らなくてもよく、作った場合でも、女性の自由な判断で、婦人標準服とは少し違う個性的なデザインの服を作る人もいた。婦人雑誌などの付録では「有事特別付録」と称して標準服の型紙がついた号も出版された。女性用のもんぺは伝統的な和服よりも、活動的な動作に向いている。しかし女性のもんぺ姿を美しくないと考え低く評価する男性たちもいた。1940年頃から、女性が家の外で作業するときに下半身を覆う服として、もんぺが政府から推奨される機会は、徐々に増えていった。しかしその推奨によってもんぺを着用する女性が増えることはなく、もんぺを着用する女性が増えた原因は空襲だった。防空演習では、女性はもんぺなどの活動的な衣服を着用して防空演習に参加するよう推奨されたため、女性の多くが防空演習に参加するときにもんぺを着用した。米軍が日本本土の上空から、民間人をも攻撃対象にして空襲を行う頻度が多くなり、1945年の終戦前頃は、地域によってはほぼ毎日、空襲による被害を受けるようになっていった。民間人が空襲の被害を受けることが多くなるにつれて、多くの女性がもんぺまたはスラックスを履くようになった。

中山千代が、『日本婦人洋装史』で次のように書いている。「筆者の戦時生活体験にも、婦人標準服は甲型も乙型も着用しなかった。周囲の女性たちも同様であって、標準服両方の着用は、ほとんど行なわれていない。政府の意図した婦人標準服による日本精神の具現は、成功しなかった。しかし、空襲が始まると、すべての女性はズボンまたはモンペを着用した。これらは婦人標準服の『活動衣』に指定されていたが、婦人標準服として着用されたのではなかった。決戦服と呼ばれたように、絶対絶命的に着用しなければならない服装であった。」

1943年6月4日に、戦時衣生活簡素化実施要綱が日本の政府で閣議決定された。 戦時衣生活簡素化実施要綱の目的は、日本の国民の衣服を簡素化することと、繊維製品の使用の無駄を省き節約することだった。戦時衣生活簡素化実施要綱そのものは、法的な強制力がない努力義務のガイドラインのようなものであるが、後に戦時衣生活簡素化実施要綱を推進するための法律が制定される。戦時衣生活簡素化実施要綱では、男性用の衣服を新しく制作するときは、色は自由とし、形は、国民服の乙号のタイプか、これに似たものに限定することとした。男性の小学生以外の学生・生徒の制服を新しく制作するときは、国民服の乙号を作ることとした。男性の小学生の制服は規制しないこととした。専門学校以上の女性の学生・生徒の制服を、なるべく婦人標準服に変えてもらうよう働きかけることとした。華美を追求しないものの、女性の美しさを失わない婦人標準服が、大人の女性たちの間で普及するように、政府が努力することとした。

戦時衣生活簡素化実施要綱は、すでに所有している服を着ることを禁止せず、女性たちにもんぺの着用を強制するとも、衣料切符の献納を推奨するとも書かれてはいない。同要綱には、女性がすでに持っている服のうち婦人標準服でない服を婦人標準服に作り替えなさいという文言も書かれていない。戦争が長引くにつれ、衣料切符で新品の衣類を入手することは、きわめて困難になっていった。

大日本婦人会が定めた「婦人の戦時衣生活実践要綱」は、新調見合せ・婦人標準服着用・衣料切符の節約などの内容が盛り込まれたものだった。

1943年6月16日に日本の政府は、1940年11月2日の国民服令を緩和する国民服制式特例という勅令を施行した。20世紀に日本の中央の政府(地方を除く)が国民服の様式を規定した法律は、国民服令と国民服制式特例だけであり、他にはない。国民服制式特例の第1条により、礼装しない場合の国民服の上衣の色の指定はなくなり、礼装する場合の国民服の上衣と外套の色は、茶褐色、黒色、濃紺色、または白色のいずれかでよいとされた。ただし、上衣と外套の白色を選べるのは暑い地方や暑い夏の時期に限られた。国民服制式特例により国民服令の甲号と乙号が一つに統合されたという説があるが、国民服制式特例にそのようなことは書かれていない。


posted by ミスター★ヒコボシ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/昭和・1945年の終戦後

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

昭和 1945年の終戦後
第二次世界大戦が終わった1945年以降の女性たちは、空襲がなくなったので、所持していたが着られなかった和服を着るようになった。

しかし、和服が高価であり着付けがわずらわしいことなどが原因となってか、安価で実用的な洋服の流行にはかなわず、徐々に和服を普段着とする人の割合は少なくなっていった。ただし、1965年から1975年頃までは、和服を普段着として着る女性を見かけることが多かった。その頃に和服の人気を押し上げ、流行させたのはウールで仕立てられたウール着物である。ウール着物は色彩が美しく、カジュアルで気軽に着られる普段着の和服として日本中の女性の間で流行となった。しかし、その後も和服ではなく洋服を着る人の割合が増え、呉服業界(呉服業界とは、和服・反物の生産・販売の産業のこと)は不振に追い込まれた。呉服業界が、販売促進の目的で、種々の場面で必要とされる和服の条件というような約束事を作って宣伝した。この結果、庶民は「和服は難しい」というイメージをより強く持つようになった。この結果、呉服業界はさらに不振になり、反物など織物生産を担う業界の倒産が相次いだ。

1960年代までは自宅での日常着として和服を着る男性も多くいたが(1970年代までの漫画での描写からも伺える)、次第に姿を消していった。

1960年代の欧米の文化人やロックミュージシャンの間では、東洋的な思想や宗教が流行したことがあり、中には着物(あるいは着物に似せてデザインした服)を着る者も見られた。ロックギタリストのジミ・ヘンドリックスなどが代表例。


posted by ミスター★ヒコボシ at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ/衣服の歴史/平成

ファッション通販/ファッション雑誌/ファッションメンズ

このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより
転載されています。
全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLの
ライセンスが適用され、保護されています。

ウィキぺディアはこちら
http://ja.wikipedia.org

GFDLのライセンスはこちら
http://www.gnu.org/licenses/fdl.html

連絡先
lon077hm2007@yahoo.co.jp

平成
女性には「ギャル浴衣」などが登場し、女性にはファッションとしての和服が一定の浸透を見せている。特に浴衣は様々な色が登場し、デパートなどは開放的な水着ファッションと、隠して魅せる浴衣という二本柱で夏の商戦を仕掛けている。ファッションとしての浴衣は一部の男性にも着られているが、女性ほど一般的なものではなく、作務衣・甚平が一部の男性に普段着として親しまれているほかは、日常的に和服を着る男性はほとんど見かけなくなっているが、インターネットなどを中心に、男性の和服着用を肯定・推進するようなムーヴメントが一部で起こっている。

2000年前後からはアンティーク着物(昭和初期以前のもの)やリサイクル着物(昭和中期以降)の店が激増し、雑誌を火付け役として女性の間でにわかに着物ブームが起こっている。これまでと異なるのは、ワードローブの一つとして洋服感覚で着る人が増えたことである。洋服地で着物や帯を作ったり、足下には普通のパンプスやブーツを履いたり、帯揚げにレースを使うなど、斬新な着こなしが誕生している。


posted by ミスター★ヒコボシ at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ファッションブランド
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。